Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

適当構築

適当に構築や育成論とか書いてきます

サンムーンシングルレート感想

S2終わり間近なのになんでこんな記事を書いているかというと、受験の為1年以上ポケモンから離れるので恐らくサンムーンでのシングルレートは今期が最後ということになる。せめて感想でも残しておきたいと思ったから。自己満足記事

f:id:Pokegetmon:20170310001116j:image

 

S1

pokegetmon.hatenablog.com

 

最高レート2089 最終レート2012

自己最高レート更新、相棒であるライチュウと共に2000に乗って満足したシーズン。しかし勝負弱さが際立ち2100間近まで来たが乗せることができず、そのまま溶かしてしまったのはとても悔しかった。

 

【SMシングルS1使用構築】昏睡レイプスタン【最高最終2006】 - 適当構築 

2ROMで2000到達したのもよかった。

 

S2

最高レート暫定1997 最終レート19xx

(※URL Coming Soon)

5度もあった2000チャレを全て失敗。有終の美を飾ることができずに力尽きた。2000という強者の壁を感じ、自分の力の無さを実感したシーズンでした。

 

 

晴れて受験が終わったとしてもポケモンに復帰するかは分かりませんが一足早くサンムーンシングルレートを撤退します。サンムーンレート、とても楽しかったです。

 

また会う日まで、さようなら。

 

 

 

 

【SMシングルS1使用構築】昏睡レイプスタン【最高最終2006】

考察 ポケモン 構築

サブロムで使用した構築です。不快感満載なタイトルで申し訳ありません。これしか思いつきませんでした。

 

↓本ロムで使用した構築はこちらになります。

※安定したコンセプトに則った記事が見たい!という方は、こちらの本ロムの構築記事の方を見ることを推奨致します。よろしくお願いします。

pokegetmon.hatenablog.com

ーパーティ解説ー

f:id:Pokegetmon:20170119221851j:image

デンジュモクのZ催眠術当たればほぼ勝てるじゃね?って思ってそれを軸にパーティを組み始めた。欠点として先制技に弱いこと、ガブリアスなどのスカーフで上から抜群技を打たれたり、襷や頑丈を盾に落とされてしまうとコンセプトが台無しになってしまうのでそれらを補完するために@5を検討していった。つまりデンジュモクはほぼ絶対選出ということになる。運に左右されやすく、波が激しいので、本ロムで使用したパーティよりかなり使いづらかった。催眠デンジュモクは今後一切使うことはないでしょう。なんで「構築記事」を書いてるはずのに批判的になるんだろう...

 

重いポケモン

f:id:raitostar:20170112223045p:plain@突撃チョッキ

裏選出をせざるを得なくなるのでコンセプトが崩壊しやすかった。

 

f:id:raitostar:20170112223143p:plain全部

デンジュモク以外での突破方法が皆無。

 

ミミッキュ@フェアリーZorゴーストZ

化けの皮を盾にZ技で撃沈する。

 

欠陥すぎかよ...って思われた方が多いと思われますが、これらは裏選出でどうにでもなるのであまり気にならなかった。基本選出は特にありませんでした。(最悪催眠術によって最後の最後まで勝ち筋を残すことができるのは強みだった)

 

ー使用個体個別解説ー

デンジュモク@エスパーZ

【特性】ビーストブースト

努力値】244-×-4-4-4-252

【実数値】189-×-92-194-92-148

【技構成】催眠術/10万ボルト/マジカルシャイン/蛍火

 

パーティの軸。催眠術を当てたらほとんど勝ちに持っていくことができた。繰り出したら即催眠術をうち、蛍火を積む。HPに厚く振ることによって、最速起きされても大抵の一致等倍技は耐えるので反撃ができる。使用するだけならとてもシンプルだが、裏にガブリアスがいる場合、引くタイミングを読んで技を打たなければあっさり突破されてしまうので注意。長くこのパーティを使っていれば大体引くタイミングを掴むことができる。ポケモンは知識と経験。これに限る。

 ガブリアス意識でマジカルシャインにしているがエナジーボールでも全く問題はないと思った。マンムーガブリアス、どちらを意識するかによって選択しましょう。

 

カプ・テテフ@拘りスカーフ

【特性】サイコメーカー

努力値】0-×-4-252-0-252

【実数値】145-×-95-182-136-161

【技構成】サイコキネシス/ムーンフォース/10万ボルト/シャドーボール

 

デンジュモクを先制技から守ったり、デンジュモクがきつい相手を突破してくれたりもした。ミラー意識で最速。高火力技を上からぶっ放してるだけで半壊させることも多々あった。使ってて火力インフレを象徴してるようだった。

 

メガボーマンダボーマンダ@ナイト

【特性】威嚇→スカイスキン

努力値】4-252-0-×-0-252

【実数値】171-216-150-×-126-172

【技構成】捨て身タックル/地震(身代わり)/竜の舞/羽休め

 

スカーフ持ち地面技でデンジュモクを突破された際に起点にすることができると考え採用。コンセプト通りそれらを起点にして残りを突破していった。1950からテッカグヤが数を増やしていったので、宿木を透かせる身代わりを採用した。Z技や異常状態技を透かすことにも役立った。

 

f:id:raitostar:20170112223045p:plainマンムー@気合の襷

【特性】雪隠れ

努力値】0-252-0-×-4-252

【実数値】185-182-100-×-81-145

【技構成】つらら針/地震/氷の礫/ステルスロック

 

ステロ要因。デンジュモクが無双するにあたって弊害になる襷や頑丈を潰してもらう。ミラー意識で最速にしたが、ガブリアスを礫で落とせなかったりと火力が足りない上、球持ちが増えたことによって地震+礫で落とされてしまうので意味なかった。意地っ張りが最善択。

 

シレーヌ@オボンの実

【特性】激流

努力値】92-×-252-164-0-0

【実数値】167-×-126-183-136-80

【技構成】ムーンフォース/うたかたのアリア/アクアジェット/アンコール

 

pokegetmon.hatenablog.com

 

メガハッサムハッサム@ナイト

【特性】テクニシャン→テクニシャン

努力値】236-252-0-×-0-20

【実数値】175-222-160-×-120-98

【技構成】バレットパンチ/泥棒/剣の舞/羽休め

 

デンジュモクがつらいマンムーやミミッキュを牽制する役。当時ASで使用していたがポリゴン2が辛かったのと、Sに振るメリットをあまり感じなかったのでHAに変更した。ボーマンダと同時選出ができない上あまり環境に刺さってないので、この枠はテッカグヤでいいだろう。

 

ー最終結果ー

TN Guzzlord 最高最終レート2006

f:id:Pokegetmon:20170119221947j:image

 

最後までお付き合いしていただきありがとうございました。不快に思われましたら申し訳ありませんでした。質問等はツイッターやコメントで対応いたします。

TwitterID:@4thpk

【SMシングルレート】疾風迅雷ライチュウスタン【最高2089最終2012】

考察 ポケモン 構築

サンムーンレートシーズン1お疲れ様でした。

初見の方は初めまして。ふぉーすという者です。

f:id:Pokegetmon:20170117221207p:image

使用構築ブログは当初書く予定はありませんでしたが、要望があった為、今回は本ロムで使用したパーティを紹介していきます。最終日の夜中に1850くらいから潜りはじめ、最高2100チャレまで到達しましたが、そこからレートが下落し精神的にも肉体的にも力尽きました。自分の弱さが際立ち悔しいシーズンとなりました。

 

ーパーティ解説ー

f:id:Pokegetmon:20170117221152j:image

サブロムの方が先にレート2000に到達してしまい、ハンネでもある本ロムの存在意義を確証する為に意地でも最低2000は載せたいと奮起しパーティを何度も練り直した。第七世代の目標のひとつである「ライチュウをレート2000に連れていきたい」と前々から言ってきたがなかなか使いこなすことができずに悪戦苦闘した。サブロムでも使用したマンマン軸を参考にライチュウを組み合わせ、それに合う@3を実践しながら適任ポケモンを埋めていった。

このパーティ自体の勝率は比較的安定しており、1850くらいから無敗で2000チャレンジまで行ったりと使いやすく自分の中では完成されたパーティだった。ただ自身のプレイングの悪さや印パルシェンに何度も痛い目を見たりと2000以上からはなかなかレートが上げられかった。

 

ー基本選出ー

基本的にボーマンダの刺さり具合を見て選出をした。

ライチュウ(アローラのすがた)+メガボーマンダorf:id:raitostar:20170112223143p:plain+f:id:raitostar:20170112223045p:plain

f:id:raitostar:20170112223143p:plain+f:id:raitostar:20170112223045p:plain+ポリゴン2orミミッキュ

メガボーマンダorミミッキュ+f:id:raitostar:20170112223045p:plain+f:id:raitostar:20170112223143p:plain

マンムーはほぼ全試合選出した。

 

重いポケモン

ギルガルド@ゴーストZ

受からない。ただギルガルド自体選出されることがほぼなかったのであまり気にならなかった。

パルシェン@王者の印

何度も2100チャレを怯みで阻んできた。控えめにいって〇ね。

@拘りメガネ

初手でマンムーと対面してしまったら後続が受からないので半壊する。

@エスパーZ

テッカグヤ対面催眠安定。当たったらほぼ負け。昏睡レイプはやめてください!オナシャス!何でもしますから!(何でもすると言ってない)

 

 

ー使用個体個別解説ー

ライチュウ(アローラのすがた)ライチュウ@気合の襷

【特性】サーフテール

努力値】0-×-0-252-4-252

【実数値】135-×-70-147-106-178

【技構成】10万ボルト/サイコキネシス/ボルトチェンジ/悪巧み

 

相棒枠。発売前からずーっと使いたいと考えており、ライチュウを軸としたパーティを組み始めた。当初はコケコライチュウスタンでアロライZを持たせて運用してましたが、大抵の一致技で落ちてしまうのと絶妙に火力が足りないという理由で行動保障がある気合の襷に落ち着いた。全てのフィールドに恩恵を受ける点も強力であり、初手コケコ対面を作ったときに一体で勝ち確定まで持っていったり、テテフのフィールドを逆利用したりできた。悪巧みの枠は当初アンコールだったが使う機会が全くなかった上、ポリゴン2など耐久型を強引に突破できた点もあって悪巧みにして正解だった。

このパーティでの役割はカプ・コケコの選出抑制、万一の事故で受けが突破されたときの舞ったメガギャラドスを止めたり、エースである後述するメガボーマンダに強いテッカグヤやカプ・レヒレなどに負担をかける役。

 

 

ミミッキュミミッキュ@フェアリーZ

【特性】化けの皮

努力値】4-252-0-×-0-252

【実数値】131-156-100-×-106-148

【技構成】じゃれつく/シャドークロー/影うち/剣の舞

 

対面最強ポケモン。テンプレ積みエース1。持ち物は最後までゴーストZか悩んでいたが、フェアリーZだったおかげで勝てた試合のほうが多かった。対面なら物理受けポリゴン2にも勝てちゃう。強い。

 

 

メガボーマンダボーマンダ@ナイト

【特性】威嚇→スカイスキン

努力値】164-24-0-×-252-68

【実数値】191-168-150-×-156-149

【技構成】捨て身タックル/地震/竜の舞/羽休め

H 16n-1 8n-1 4n-1

A  余り

D ぶっぱ

S 準速ミミッキュ抜き

 

メガ枠エース2。意地っ張りで使っていたが、2000からボーマンダの刺さりが悪くあまり選出しない上、耐久に振ってないせいで負けた試合をきっかけに慎重に変更。毒毒トリルのないポリゴン2やカプ・レヒレ、サイキネで拘ったスカーフテテフ、カプ・コケコなどを起点にすることができたので慎重が一番いいと思った。ほとんどAに振っていなくても最低限の火力は出せていたので気にならなかった。

 

 

f:id:raitostar:20170112223045p:plainマンムー@命の球

【特性】雪隠れ

努力値】0-252-0-×-252-4

【実数値】185-200-100-×-112-101

【技構成】つらら針/地震/氷の礫/毒毒

 

選出率1位のMVP。基本どのパーティにも刺さってるので選出したら確実に仕事してくれた。初手基本有利対面。A200+命の球で火力を底上げし、後出しされても確実に負担を与えられた。現環境はマンムーにかなり特殊技が飛んでくる印象だったのでDを厚くした。ステルスロックは打つ暇がなかったので交代際に耐久ポケに打てる毒毒を採用した。読まれにくく確実に毒をいれることができた。Sにほとんど振っない恩恵としてパルシェンの下から地震を入れることができ、ほとんどのパルシェン地震+礫で落とせた。

 

 

f:id:raitostar:20170112223143p:plainテッカグヤ@ゴツゴツメット

【特性】ビーストブースト

努力値】252-×-252-0-0-4

【実数値】204-×-170-127-121-82

【技構成】ラスターカノン/火炎放射/めざめるパワー氷/宿木の種

 

選出率2位。現環境に炎技が少なく、ライチュウでカプ・コケコを威圧していることもあって出されなかったので必然的にコイツが刺さる。現環境の物理をほぼ全て受けきることができる。ミラーでの勝率も高かった。技は地震や毒毒や守るが欲しかったりと最後まで迷走したがこれがベターだった。マンムーやポリゴン2と相性がよいのも◎。

 

 

ポリゴン2ポリゴン2@進化の輝石

【特性】ダウンロード

努力値】244-×-4-252-4-4

【実数値】191-×-122-172-116-81

【技構成】トライアタック/冷凍ビーム/めざめるパワー炎/放電

 

技範囲が広く、タフでとても強かった。シャドーボールを切ってめざめるパワー炎を入れることで対策できていないパーティを半壊させることも度々あった。耐久型が主流のこともあって毒毒をかなり入れられたが、その隙から崩しアドバンテージを取っていった。基本どのポケモンにもタイマンで勝てるのも強み。急遽採用した個体なので王冠未使用。

 

ー最終結果、戦績ー

 

TNふぉーす 

最高レート2089 最終レート2012

f:id:Pokegetmon:20170117180906j:image

TN Guzzlord

最高最終レート2006

f:id:Pokegetmon:20170117180914j:image

 

 

以上となります。ここまで読んでいただきありがとうございました。構築記事は初めてなので見にくいと思われましたらすみません。質問等はコメントやツイッターで対応いたします。

TwitterID:@4thpk

 

 

 

 

 

 

 

【単体考察】BCベースアシレーヌ

育成論 考察 ポケモン

前回の記事でレート2000達成の報告をしました。

そのパーティ中で際立っていた、後出しのスペシャリストことBCアシレーヌの単体考察をしていきます。現環境にいい感じに適応していてかなり使いやすかった印象でした。単体考察のみを見たい方は使用経緯を飛ばしていただいて結構です。

「アシレーヌ」の画像検索結果

 

まず使用しようと思った経緯について。

レート1850~1900を彷徨っていたときに、パルシェンがとても辛かったのと、舞ったメガギャラドスや相手のパーティにメガボーマンダが刺さってなかったときに出てくるメガルカリオを止められるポケモンがパーティにおらずそれが原因でレートが伸び悩んでいたときに、S1で使用できるポケモン一覧を見て一番目を付けたのは高耐久水フェアリー。パルシェンを見たいので、物理型が主流のマリルリ候補から外して残った「カプ・レヒレ」と「アシレーヌ」に候補を絞った。大事なのは両方の特徴を理解しつつ差別化できる点をあげること。カプ・レヒレは前述したパーティと相性が悪く、火力がない面もあってメガルカリオを止めることができないと判断したので入れることができなかった。Bが柔らかいアシレーヌだが、高いHPと後出ししやすい優秀なタイプ、高水準のCがあって可能性を感じた。ここからBCアシレーヌ論が浮上した。Bに振ることによって本来役割対象ではないポケモンを見ることができるようになった。

 
ー考察ー
シレーヌ@オボンの実
控えめ H92 B252 C164
実数値:167-×-126-183-136-80
技:うたかたのアリア/ムーンフォース/アクアジェット/アンコール
 
後出し性能を高めるためと、対パルシェンを強く意識するので持ち物オボンの実は確定。Bを特化し、最低限の火力を保ちつつ、余りをHPに回すことで対物理相手でも容易に後出しすることができ、Cを振ることで負担をかけることができる。立ち回りするときにおいては不用意なところでHPを削らないことが大切である。あくまでも役割対象である相手を重視する。
メインウェポンである水技は熱湯と選択、ムーンフォースとカプ・レヒレとの明確な差別化点である先制技のアクアジェットは確定、アンコールは滅びの歌と選択。
 
 
・被ダメージ
ダメージ: 82〜97
割合: 49.1%〜58%
回数: 乱数2発 (96.9%)
(オボン込み2耐え)
 
A207メガギャラドス +1地震
ダメージ: 93〜110
割合: 55.6%〜65.8%
回数: 確定2発
(オボン込み2耐え)
 
A161パルシェン +2ロックブラスト
ダメージ: 25〜30
割合: 14.9%〜17.9%
瀕死率: 1ターン 0%
 
ダメージ: 141〜167
割合: 84.4%〜100%(最高乱数以外耐え)
 
ダメージ: 60〜72
割合: 35.9%〜43.1%
回数:オボン込み乱数3発(2.26%)
 
A197メガメタグロス コメットパンチ
ダメージ: 103〜123
割合: 61.6%〜73.6%
(オボン込み乱数2発(81.35%))
 
 
・与ダメージ
 
無振りメガギャラドス
ダメージ: 132〜156
割合: 77.1%〜91.2%
回数: 確定2発
(+アクアジェットで高乱落ち)
 
無振りD-1メガルカリオ
ダメージ: 163〜193
割合: 112.4%〜133.1%
回数: 確定1発
 
ダメージ: 186〜222
割合: 101%〜120.6%
回数: 確定1発
 
(無振り)パルシェン
ダメージ: 151〜178
割合: 120.8%〜142.4%
回数: 確定1発
 
 
うたかたのアリア
 
HP252振りウインディ
ダメージ: 186〜222
割合: 94.4%〜112.6%
回数: 乱数1発 (68.8%)
(+アクアジェットで確定落ち)
 
ダメージ: 72〜85
割合: 46.4%〜54.8%
回数: 乱数2発 (61.3%)
(2発+アクアジェットで確定落ち)
 
HP252振りメガカッサム
ダメージ: 78〜93
割合: 44%〜52.5%
回数: 乱数2発 (18%)
 
 
カプ・レヒレと差別化できる点は圧倒的火力と先制技持ってることとアンコール(滅びの歌)が打てる点だと考えています。パーティとの相性もあるので、このどちらか入れたいと考えたならばパーティと相談しながら入れるかを検討することが一番いいと思います。アシレーヌを使う際の1つの選択肢としてこの単体考察を書かせていただきました。ここまで読んでいただきありがとうございました。質問等がありましたらコメントかツイッターで対応致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

SMシングルレート シーズン1感想等

お知らせ 考察 ポケモン 構築

無事レート2000到達することができました。ORASシーズン9以来と久々にこの大台に乗せることができてとても嬉しかったです。

f:id:Pokegetmon:20170119231934j:image

本ロム含めて約600戦ほどして感じた事をまとめていきつつ、要対策ポケモンや構築を記載していきます。 構築を組むにあたってこれらはしっかり対策しておこう。

 

 

・コケコ+テッカグヤ+地面枠(+メガ枠)

f:id:raitostar:20170112222907p:plainf:id:raitostar:20170112223143p:plain f:id:raitostar:20170112223306p:plainf:id:raitostar:20170112223045p:plainシルヴァディ

このサイクルをされるとなかなか崩しにくく、ダメージレースで圧倒されてしまった。現環境はこの構築はかなり多いように感じた。この構築を対策することができればレートを上げやすくなる。パーティ単位で対策するしかない。

 

ハピナス+物理受け

ハピナス ナマコブシエアームド

いわゆる受けサイクル。数値受けしつつ毒やゴツメなどで削り物理特殊ごとに受け回していく。ナマコブシがいる場合、積んでも実質無効化されてしまう。挑発持ちやZ技などで崩壊させることができる場合がある

 

ボーマンダマンムー(+鋼枠)

メガボーマンダf:id:raitostar:20170112223045p:plain ジバコイルギルガルドf:id:raitostar:20170112223143p:plain 

マンマン構築。今作では全員に打点が取れるポケモンが少なくてなかなかつらかった。自分も使っていたがこの構築の選出だとポリゴン2+テッカグヤがなかなか崩せなかった。

 

パルシェン(+起点作り要因)

パルシェン

一番手こずったポケモン。襷物理型が最も多いが、ギルガルドやメガハッサムを確定1発にするドロポン水Zや王者の印持ちと地味に型が多く、対策しなければ半壊する。自分のパーティでは事前にステロを撒いて上から叩く以外に対策がなかった。

 

・テッカグヤ(+ランターン

f:id:raitostar:20170112223143p:plain ランターン

宿り木身がわり守るという陰キャオタクが大好きそうな型が一番嫌いだった。とにかくめんどくさい。宿り木身がわりのループに入ったら突破するのが困難になるのでコケコやデンジュモクなどで上から叩く。だがそこにランターンが加わりサイクル戦を仕掛けられたらダメージレースで圧倒されてしまう。不意のガブリアスカイリューの炎(電気)Zに滅法弱い印象。

 

・ペリグドラ

キングドラ

初手ペリッパーが襷を盾にとんぼ返りしてキングドラに繋ぎ全抜きを狙う構築。ポリゴン2ギルガルドはスーパーアクアトルネードで落とせるのでしっかり対策しないと受けが効かない。最近はあまり見かけない

 

 ・オニゴーリ+起点作り要因(+ピックコイル)

オニゴーリ f:id:raitostar:20170112223306p:plainワルビアルミミッキュ ジバコイル

初手で岩石封じなどでSを下げるか麻痺を撒けるポケモンを初手で繰り出し、後続のオニゴーリの起点を作る構築。メガハッサムで上から縛ろうとしても、後出しS振り磁力ジバコイルのスパーキングギガボルトで処理されてしまう。

 

カビゴン

カビゴン

一見普通のポケモンに見えるが、鈍いを積んで食いしん坊+バンジの実などでの回復をリサイクルで繰り返して要塞と化す。相手に有利対面を作られて起点にされると詰む。挑発や毒、宿り木に弱め。

 

・ミミッキュ+アタッカー

ミミッキュ メガギャラドスメガハッサムメガルカリオメガボーマンダ

初手ミミッキュが鬼火or電磁波orトリックルームで起点づくりし、後続の積みアタッカーで全抜きを狙う構築。ステロがないので頑丈や襷を盾に食い止める、スカーフ持ちで上から叩くなどしよう。実際起点作りミミッキュは読めない。

 

ガルーラ+ガブリアス+テッカグヤ

メガガルーラ f:id:raitostar:20170112223306p:plainf:id:raitostar:20170112223143p:plain

1900~から急増しているスタンダード。強い。

 

上記の構築を対策しておけば勝ちやすくなるんじゃないかなと感じた。他にも思い当たる要対策構築がありましたらコメントで教えていただけるとありがたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ流色孵化乱数講座【準備編】

ポケモン 雑談

経験者は語る。色乱数は簡単だ。

※クソ記事注意

f:id:Pokegetmon:20161223113958j:imagef:id:Pokegetmon:20161223114005j:image

 

ということで今回は経験談で色孵化乱数について書いていく。途中乱数専門用語が出てきますが、概要が分からない方は各自で調べて頂けた方が分かりやすい。それでも分からなかったらツイッターで聞いてください。

 

まず色孵化乱数の最難関であり一番めんどくさい部分であってよく質問される「TSV」の特定方法について。ダウンロード版だった場合はkeysavという外部ツールを使うと簡単に特定できるが、自分はパッケージ版で特定したので使い方は割愛(主も使い方分からない)。パッケージ版の場合は「固有Seed」から計算して割り出す。

 

パッケージ版ダウンロード版共通で、色乱数孵化に必要不可欠な「固有Seed」を特定するところから始める。固有シードの求め方は以下。

 

1.別性格の♂親、♀親両方に変わらずの石を持たせる
2.♂親、♀親の性格をメモする
3.両親を預かり屋に預ける
4.卵ができるまで走る
5.受け取る前にレポートを書く
5.卵を受け取る
6.卵が産まれるまで走る
7.産まれたポケモンの性格を確認し、♂親♀親どちらの性格が遺伝したか確認する
8.♂親から遺伝した性格の場合は0を、♀親から遺伝した場合は1をメモ帳等に記録する
9.リセットする

 

10.卵の受け取りを拒否
11.卵ができるまで走る
12.受け取る前にレポートを書く
13.卵を受け取る
14.卵が産まれるまで走る
15.産まれたポケモンの性格を確認、♂親♀親どちらの性格が遺伝したか確認
16.♂親から遺伝した性格の場合は0を、♀親から遺伝した場合は1をメモ帳等に記録
17.リセットをする

 

10〜17を126回繰り返し、メモを取った127個を下記のサイトに入力。

http://blog.livedoor.jp/x_x_saki_x_x/RNG/SMBreeding.html

検索して出てきた4段の英数字文字列があなたの固有シードということになる。

この後は孵化乱数用のツールをダウンロードしてその後はツールの指示に従って入力して下さい。

正直ツールのダウンロードや使い方は他のサイトで調べた方が分かりやすい。今回はTSVの特定方法がメインなのでここら辺は軽い説明で終わらせます。

 

こっから主題、TSVの特定方法

パッケージ版の場合、上記で特定した固有Seedを求める。そして、特定した後に自力で色違いを孵化するまでひたすら粘る。この過程が非常にめんどくさいが、TSVさえ特定してしまえば色乱数孵化はやりたい放題なのでここは我慢しましょう。そして色違いがでたら、「SM孵化乱数ツール」を他者様のサイトからダウンロードしてその色違いの個体値を検索。ここでは流れだけを説明するのでツールの使い方は他のサイトをご覧ください。検索して出てきた色違いのseedごとの個体値を見て、自力で孵化した個体値と合致しているseedを探し、見つけたらメモ。そこで割り出た「PSV」はTSVと同じ値なのでこれで特定完了。

 あとは求めたTSVをツールに入力したら完了

 

以上となります。所詮色違いなんて自己満足でしかないので手間と割に合わないと感じたら撤退することをオススメする。あと色孵化乱数やりすぎたら色違いに有り難みを感じなくなるので注意。

f:id:Pokegetmon:20161223121306j:imagef:id:Pokegetmon:20161223121307j:image

 

 

-END-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【クソ記事】フラゲのコツ

雑談

もう明日発売日ですが...

一番確実で手っ取り早いのはゲーム屋で働いてる(バイトしてる)友達を作ること。実際に私もその友達を頼りにフラゲしてしまいました。最近はXYで発売日前に店頭に並べられていたカナダでの件もあって、日本のゲーム屋は任天堂から圧力を掛けられているそうです。よって昔よりはフラゲできる環境ではなくなっています。

f:id:Pokegetmon:20161117191632j:image

 

 まずフラゲをするに当たって店側のメリットとデメリットについて単純に書いていきます

 

ー メリット ー

発売日より早く売ることによって他の店との差別化をすることができる。早く手に入れようとする客が集まりやすく、在庫がなくなりやすいそうです。ちなみに法律には反してない。

 

ー デメリット ー

発売日に販売するというメーカーとの契約を破ることになるので、発覚した場合メーカー側から入荷制限や入荷拒否などのペナルティーが科せられる。

 

店側としては不用意にペナルティーが科せられるというリスクを犯す事はできない。ましてや大手販売店でこれが科せられてしまうと大打撃になりかねない。よって大手販売店でフラゲするのは100%無理と言っていいだろう。

 

 

ではどのようにしてフラゲするか、ちょっとしたコツを書いていきます。基本的には発売日の2日前に入荷されるので店を訪れる時は2日前を目安にしよう。

 

1つ目は冒頭にも書いた通りゲーム屋で働いてる友達を作る事。これが一番確実でローリスクで手っ取り早い。あと自分自身ゲーム屋で働くのも効果的かもしれない。

 2つ目は個人営業の店を狙う。田舎に多い印象があるが、以外と都会にも複数存在する。個人営業店は大手販売店と差別化を図ろうとするので比較的フラゲがしやすい。あと店の前で粘ると買えるという話も聞いたことがある。

 3つ目は通販サイト。これは運ですが、場合によっては発売日前日に届くそうです。通販サイト側は発売日に届くように輸送するので、実際発売日前日に届くケースも複数報告されている。

 

とにかくフラゲするにはこの3通りしかないと感じている。土地の格差もありますが...

 

 

フラゲする前に言っておきたいことがあります。フラゲしてもいい事ありません。自分は発売日から2日前に購入し、即ストーリーを始め、発売日前に完結してしまいました。終わった後、虚無感しかなかった。ストーリーの感想や進行状況などを語り合う仲間がいないのでとにかく孤独。改めて感じたことである。ちなみにネタバレツイートは一切してません。

 

なるべくフラゲはしないようにしましょう()