ライチュウ研究所

ライチュウを中心に構築を研究、保管

ブログ開設 ※2017年10月4日追記

2016年9月9日
ブログ開設しーたよ・。・v



※2017年8月17日追記
当ブログの趣旨は主に「構築シェア」を目的として構築案を提供しています。パーティに自身の好みがかなり現れていますが、ご了承の上で見ていただきたいです。
今月から下書きに溜まっている構築案を毎月1つ吐き出していこうと思います。試行錯誤の段階のパーティとなっておりますが、そちらもご覧いただけたら嬉しいです


※2017年10月4日追記
当ブログとツイッターの連携を切ることにしました。リンクを某まとめサイトに提供したこともあるので構築記事は残しますが、今後は他のブログでもレートの構築記事を投稿することは一切しません

従って、ツイッターアカウント上にある当ブログの所有権を放棄することを宣言します。

詳しくは後日記事でお知らせします

ポケモンの才能

ポケモンの在り方についての記事。筆者がシングル勢だった頃に感じていた事そのままの記事が残っていたので、ここで公開する事にした。

以下原文そのまま

 

 

 

今ではすっかり変わり果ててしまったポケモンの価値観。そこに価値を見出しポケモンを続ける者や、複雑な仕様のインフレーションに着いて行けず辞める者もいる。

とある者は特定のプレイヤーを「才能がある」「天才」などといった表現で讃え、またある者は特定のプレイヤーを「才能がない」「下手」と罵倒し叩き潰す。

 

 

ポケモン才能は存在するのか。

 

 

人を讃えたり、罵倒した人はポケモンの才能の有無について真剣に考えたことがあるだろうか?

誰もが認める運要素が強いコンテンツに才能なんか存在しえるのだろうかを、この記事を通して考えてみて欲しい。

 

 

始めに知っておいて欲しい事として言っておく。

ポケモンは知能的ゲームではない。

つまり頭の良し悪しで対戦の強さが決まるものではないという事。知能や学歴は一切ポケモンの強さに関係しない。これを踏まえた上でも考察していく。

 

 

ー目次ー

 

 

 

択ゲーに強いとは何か

様々な場面で発生する択ゲー。 ポケモンをやっていれば誰でも経験は必ずあるだろう。特にダブルは無限に択を生む試合がほとんどである。

当然ながら「オンライン対戦」中は相手の顔が見える訳もなく、何を考えているのかも手に取るようには分からないものだ。

WCSに出場するにはジャパンカップで勝ち抜く必要があり、またそれに出るには予選での「オンライン対戦」を避けて通ることができない。

要するに「択ゲー」というのは、ポケモンをやる上では必ず直面する死活問題である。

相手が見えないのに択が強いとは何なのか

 

 

択ゲーに強いという概念はあるのだろうか

 

 

 

率直に言おう。ない。ある訳がない

ぶっちゃけた話、じゃんけんみたいなもんだろ

確かに経験がモノを言う場面もあるだろう。前回失敗して同じような場面が繰り返し来たら、その失敗を活かした行動をする。時には上手くいくかもしれない。

だが、オンライン対戦では「相手が見えない」「相手は同じ人間である」という事を忘れてはならない。つまり対戦する相手によって選択する行動がそれぞれ変わるという事であり、その上相手も同じ人間だから失敗を学ぶので、たとえ同じ場面だったとしても同じ手が通るとは限らないからだ。

上手くいって勝った択も、別の相手や再戦相手に対して2度も通用するとは限らないということ。不意打ちじゃんけんがいい例だ。

 

アナライザー(PGL規約違反行為)を使わない限り全ての択ゲーを制すことは絶対にできない。

よって択ゲーに強い人はただ単に運が良いだけ

 

 

 

民度問題

ポケモン界隈での権力(笑)の象徴であるかのような構築記事の流行。反省点をまとめ次に活かせるような自分用の記事や構築をシェアする目的など執筆する意図は様々だが、「自分は強い」という権威(笑)を見せつける事で得られる快感のために書いていることがほとんどだろう。

別に構築記事を否定している訳ではない。

むしろ「構築をシェア」することで現在の流行を把握でき、それを対策する事で新しいパーティがやや増えることから、環境の変化が多少は見込まれる。流行に対応する策を練るための手段とも成り得ることができる上、環境の循環が生まれるかもしれない。この点に関してはポケモン界隈にとってプラスになると考えている。

 

 

だが、構築記事の流行を悪用して、故意に権威を押し付けるような輩が最近になって多く見られるようになった。

自分の強さを存分に知らしめさせ、レート帯による差別をしたり、自分が正しいと言い張って、その世界観を無理やり押し付ける連中もいる。

たかがゲームなのにやってる事が陰湿すぎる。ただ楽しめばいいだけなのに、権力だの人権だの下らない世界観を押し付ける事に必死になっている様は見ているこっちが恥ずかしくなるレベルにも達している。

これが言わゆる「民度が低い」ということ

 

 

もっと言えば最高レートなんかどうでもいい。

ポケモンが強いからなんだっていうんだ。生きていく上で優位に立てる訳でもなく、頭が良くなる訳でもない。むしろ全く使い物にならない力だ。

ポケモンだけが人生じゃないだろう

 

冒頭でも述べた通り、ポケモンの強さは頭の良し悪しで決まる訳ではない。要するにバカでも強くなれるということ。

強いていうならここでいう才能は「対戦経験」と言い換えられる。失敗を重ねて「ポケモンそのもの」について学んでいるだけだろう。直感というものは「経験」があって初めて生まれる。

 

 

本当に才能なんて存在すると思うか?

 

 

 

ポケモンと将棋

ぶっちゃけこのテーマは「ポケモンの才能」についての話題から少し逸れる話になる。
自分は元々将棋初段を持っていたのでこれを取り上げて語っていく。

この頃、将棋ブームによって将棋を取り上げてポケモンを語るやつがいる。逆も然り。何故かは知らないが、ポケモンと将棋を同一もしくは似ているモノと勘違いしているやつがいる。
そんなやつに言っておこう


ポケモンと将棋は完全に別物である

だから将棋を持ち上げてポケモンを語るな。
そもそも将棋というのは一手一手を数10分以上考えて打つものだ。「次の次の次の次の次の手...」と、かなり先の手や相手の一手も考慮に入れ、今の自分の一手がどのような展開になるかを自身でシュミレーションする。いわば頭脳戦。

このような事がポケモンには一切無いだろう。ポケモンは頭を使わなくても勝てるからだ

一方将棋は星の数ほどある高度で複雑な戦略を理解し、数十時間も対局する精神力も必要とする。

そもそも「運要素」が存在している時点で将棋と比較するのは大間違いである。
将棋は頭脳力、戦略力、精神力、思考判断力など色々な力が組み合わさって正面からぶつかり合う。「運要素」という概念が存在しない。将棋は非常に奥が深い。
潔く負けを認め、対局相手への感謝の心を決して忘れない棋士は人間的にも素晴らしく立派である。


一方ポケモンは何だ
運次第で左右されるゲームに何の魅力があるのか。急所、追加効果、思考停止の高火力(主にメガシンカやZ技)。戦うコマの皆無さ。(ここではあまり関係ないが民度の低さ。)

 

上記のテーマ以外の民度が低いといえば(一部ではあるが)、主に「運負け主張」や「対戦相手批判」、「誹謗中傷」などが挙げられる。

将棋界にこのような無礼な行為は一切ない

(※1 ここで民度の話を取り上げている理由は主題であるポケモンの才能と全く関係なく、ここで逸れた話題をまとめる為   ※2 青字の民度と、上記のテーマで取り上げた「民度」は若干種類が異なる)

 



そもそも冒頭でも述べたようにポケモンは「頭を使わなくても勝てる」ので、将棋とは天と地の差がある。


将 棋 舐 め ん な よ


将棋とポケモンを比べるのは非常に将棋に対して失礼である。今すぐ全国の棋士に謝れ

 

 

 

強いプレイヤーとは

毎シーズン結果を残す人とそうでない人。

この違いは一体どこにあるのだろうか。

色々考えられることはあるだろう。

 

強い「人」とかそんなものはどうでもいい。

ポケモンの強さが明確に現れるのは、パーティ構築力発想力(直感)、パーティ内のポケモンを自在に使いこなせる「経験値」にあると断言しよう。

ポケモン対戦の7割は構築力で決まると言っても過言ではない。ここで重要なのはいかに構築の欠陥性を無くし環境に適応した柔軟性のあるパーティを「自力」で組めることだ。

 

一体どうやったら構築力を身につけることができるのか。一つの意見として、ポケモンと真剣に向き合うこと、理解することではないのだろうか。

自分で使うポケモンをしっかりと理解し、特徴や長所をしっかりと生かす。そして後天的に培われた経験を生かす。この繰り返しが構築力に現れているのではないだろうか。

 

 

 

 

運と実力

上記でいくつか「運」について触れたので、ここで実力、才能との関係性について解説していく。

運に関しては宗教(例えば役割論理)の事もあるので諸説あるが、ここでは客観的に捉えて説明していこうと思う。

 

技の命中率や追加効果発動、急所など様々な場面で関わってくる運要素。これらによって試合を左右する場合が多い。

もっと言えばマッチング自体も運である。格下と当たり続ければ思うようにレートは伸びず、格上と当たればローリスクハイリターンで戦える。100〜200程度のレート差による実力差はあまり無いと見ているので、格上と当たった方が良いに決まっているだろう。

「運も実力のうち」という綺麗事がある。本当に運は実力と言えるのだろうか...

 

 

自分の意見から言わせてもらうと、「運によって左右された試合に実力差もクソもあるか」

自分でどうしようもできないモノ、そして繰り返し発揮できないモノは実力とは言えない。

 

「実力」

①実際に持っている力量。

②強い力量

③実際に行使されることにより示される力。(武力、警察力など)

 

「運」

①人知では計り知れない身の上の成り行き。巡り合わせ。

②幸せな巡り合わせ。

 ー辞書引用

 

「運」というモノは自分の力によって変わるものでなく、人知では計り知れない。つまり実際に持っている力量とは言えない。

はっきり言ってシングルみたいな1対1の殴り合いなんて運要素が極めて大きいだろう。これっぽっちしか現れない実力なんてほとんど大差は無い。「経験値の差」を実力差と勘違いしているだけだ。

 

 

「運」≠「実力」。言葉の意味通り不変の事実である

 

 

 

経験値とは何か

上記でかなり取り上げている経験値について説明。

まあ文字通りプレイングミスをしたり、読み負けした時に次は同じ事にならないようにしようとする努力が積み重なったもの。また、他人のプレイングから学んで得られるものが主に経験値と呼ばれる。要するに経験の度合いである。

(「経験値」という言葉自体ゲーム内の専門用語的なところがあるが、今の話題がポケモンについてだからこのような言葉を使わさせていただく。)

 

「じゃあ、経験は才能に成り得ないのか?」

 

 

ー成り得ない。

まず「才能」と「経験」という意味自体から考えるべきであろう。

そもそも「才能」というのは先天的な能力である。足が速い、記憶力がズバ抜けて良い、身長が高いなど。このような能力は生まれ持った能力であり、後天的に身につけにくい。

一方「経験」によって得られたものは後天的な能力の分類に当たる。主に日常生活、習慣、勉強などがある。

 

「才能」というものは生まれ持った能力のことであり、「経験」によって培われた能力とは正反対の力であるということ。

 

この時点で先天的後天的の意味を知っていなければ話にならない。今すぐggってこい

つまりこんな質問が浮かんでいる時点で論外であり、とてもナンセンスである。

 

もちろん「経験値=才能」なんて考えたことある頭の弱い人なんていないよな?

 

 

 

結論 

ポケモンの才能なんて存在しない。

 

要するに誰でも強くなれる。実力のある人と無い人の差は「経験」と「運」の有無にしかないと断言しよう。ポケモンの実力は所詮架空で偽物の能力であるということ。

膨大な経験を積み、そこそこ運があれば誰だって世界チャンピオンになることができるだろう。まあ、その「経験」を積む膨大な時間をポケモンに費やせる覚悟と余裕(笑)のある者だけがポケモン界の頂上に這い上がれるということ。やってられるか。

 

才能という能力が一つ足りとも無い世界で頂点に立って威張り散らしている者は何がしたいんだろうか。人に価値観を押し付けるのもいい加減にしてもらいたいものだ。そろそろこういった非常に愚かな行為に気づいて欲しい。

 

 

ポケモン勢が見栄を張り(例えば最高レートを盛る、架空の実績を作るなど)嘘をついてまで名誉を得ようとしているのも、このような実力主義から来ているものだろう。実績の矛盾が発覚し潰される者も、ある意味この下らない価値観に押し潰された被害者であるとも言える。

嘘を付いている本人が悪いのは最もであるが、100%その人に非があるとは思えない。絶対的実力主義の価値観、世界観を作り上げてきたポケモン界全体の問題である。もう、どうしようもない所まで実力主義問題が膨れ上がっている現状だ。

 

 

 

最後に

ポケモン界で結果を残すことよりも大切なことなんていくらでもあるだろう。

綺麗事のつもりではないけど、対戦相手への敬意を大切にする心だったり、ポケモンを通して出来た仲間や友人の方が遥かに価値があり、財産となる。ポケモンから学ぶ事もあるはずだ。

逆にこんな記事から学ぶものなんて何もないと思う。だが、これを通してポケモンという「新しい価値観」を自分だけで展開し、自身で新しい世界観を作るようにするきっかけにして欲しい。

「実績」や「強者」といった下らない価値観や重圧に縛られるのはもったいないじゃないか。

ポケモンなんか所詮ゲーム。楽しんだ者勝ちだ

 

 

ポケモン界隈がより健全で、誰もが楽しめるような世界になってくれる事を心から祈っております。

 

 

 

 

 

言いたい事を出し切ったので言葉遣いが荒いです。すみません。

この記事に対しての質問反対意見などは当記事のコメント欄で受け付けます。

【全国ダブル】コケコライチュウ対面制圧スタンダード 構築案(最終レート1900)

※シーズン4の記事です

どうもお久しぶりです。

当ブログ最後の構築記事になると思います

第7世代シーズン4当時に一部から要望があったので一応書いてはいましたが、この構築に関しては最も自信があり、最後まで愛用していきたいと考えていた為に公開する気は一切ありませんでした。

しかし、ポケモン引退を宣言した以上これを残しておいても意味ないと思ったので、せっかく書いたということを名目とし、今更ながら公開させていただきました。参考にならないとは思いますが、それでも宜しければ最後までお付き合い下さい。

 

レーティングバトルの構築ブログは今後一切公開しないと宣言していた身ですが、もう該当シーズンかなり遅れてるのもあり、そもそも現在と環境自体違っているので「構築案」という意図で公開させていただきます

 

以下の文は当時書いたものそのままです

 

 

 

 

 

自身初のダブルレート1900&2桁順位を達成できた記念に構築記事書きました。レートで初めてコケコライチュウで結果を残せた?と思います。多分。

もっと上に行ける気はしたけど、レート保存したいという欲求と最終日の夜中3時くらいの眠気に負けた。来期以降は2000目指して頑張ります

  f:id:Pokegetmon:20170720165007p:image

f:id:Pokegetmon:20170720172354j:image

 

ー目次ー

 

 

パーティ構築経緯

ただ単にblog_import_58d21c9bdf35f.pngが使いたかったのでカプ・コケコを入れ、それを軸に組んでいった。言うまでもなくランドロス霊が重いので、それに強いクレセリアと威嚇撒けるランドロス霊を採用。ダブルのことをまだよく知らなかったので、強いイメージしかなかった006-my (1)ギルガルドを採用した。結果的にやりたい事を押し付けるだけの戦闘スタイルになった。

 

 

 

使用個体個別解説

blog_import_58d21c9bdf35f.png ライチュウ@気合いのタスキ

【特性】サーフテール
【性格】臆病
努力値】0-×-0-252-4-252
【実数値】135-×-70-147-106-178
【技構成】10万ボルト/サイコキネシス/猫騙し/アンコール

 

いつもの相棒枠。

エレキフィールド上から猫騙しやアンコールで隣をサポートする動きをする。サポートに徹してもらう為、行動保証のあるタスキ。

ライチュウさえいれば相手の追い風上のポケモンや天候エースのほとんど上を取れ、それらの構築に対して無対策でどうにでもなることが多かった。

f:id:kobayashiTX:20170704183725p:plainの増加を予想して草結びを採用していたが全く見なかったのでサイコキネシスにした。非常に狙われるので守るを採用したかったが技スペが無かった。火力が欲しい

使ってて思ったけどライチュウを上手く扱うには特徴を理解しつつ使い慣れることが一番かな。

 

 

カプ・コケコカプ・コケコ@命の珠

【特性】エレキメイカ
【性格】臆病
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】145-×-106-147-95-200
【技構成】10万ボルト/マジカルシャイン/めざめるパワー氷/守る

 

blog_import_58d21c9bdf35f.pngの相方。こいつがいないと話にならないので採用。高速高火力で上から殴れるのと、特性のおかげでランドロス霊のスカーフ判定ができるのはとても優秀だと感じた。エレキフィールドを維持しながら立ち回っていた。

Zクリスタルを持たせたかったが、後述するギルガルドが絶対選出級だったので珠になった。

説明不要の10万ボルトと守る、削れた2体を同時に持っていけるマジシャ、ランドロス霊ピンポイントのめざ氷。10万ボルト以外の攻撃技は信用してはいけないのでフィールドターン管理に気をつけよう(戒め)

 

 

ランドロス霊ランドロス@突撃チョッキ

【特性】威嚇
【性格】意地っ張り
努力値】212-44-12-×-44-196
【実数値】191-188-112-×-106-136
【技構成】地震/岩雪崩/はたき落とす/馬鹿力

 

浮いてて威嚇撒けて電気無効というカプ・コケコblog_import_58d21c9bdf35f.pngを組むにおいてパーティに欲しい理想のポケモン。さらにダブル使用率1位と説明不要の強さを誇る。

今回はなるべく生存率を上げたかったのでチョッキ持たせて耐久に厚く振った。HPが1でも残ってたら仕事ができる。Sは最速70属抜きまで割いた。

メガネ788 (1)の濁流や006-my (1)の熱風は2耐え、不意に飛んでくるめざ氷は余裕をもって耐える。

地震岩雪崩は本来説明不要だが、岩雪崩に関しては関してはあまりSに振ってないので岩石封じにしてもいいかもしれない。115-m.png248 (2)への打点として馬鹿力、143.png(ガラガラ)(ポリゴン2)が重いのではたき落とす。相手のランドロス霊のスカーフやチョッキ、耐久型の回復アイテムを無効化できたのは大きかった。

 

 

006-my (1)リザードン@メガ石Y

【特性】猛火→日照り
【性格】臆病
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】153-×-99-212-135-167
【技構成】熱風/オーバーヒート/ソーラービーム/守る

 

373-m (1)が使いづらかったので採用。

技を当て続けてくれたらとても強いが、メインウェポンに命中不安定技しかないので常に負け筋を生む。メガ枠なのに不安定すぎるので、技を見直した方がよかった事が反省点である。

115-m.png637.pngの上から殴りたかったのと、素でランドロス霊に抜かれてるのは個人的にありえないと思っているので最速。

高火力範囲技の熱風、オーバーヒートは115-m.png637.png786 (1)をワンパンしたかったので採用した。外したら負け。

どこからでも岩技が飛んでくる環境なので扱いは慎重に。

 

 

クレセリアクレセリア@エレキシード

【特性】浮遊
【性格】図太い
努力値】252-×-236-4-4-12
【実数値】227-×-187-96-151-107
【技構成】サイコキネシス/れいとうビーム/瞑想/月の光

 

要塞。

浮いてるのでカプ・コケコblog_import_58d21c9bdf35f.png、晴れの恩恵を強く受けるので006-my (1)と相性が非常に良く、更にフィールドを活用してシードが使える。

クレセリアは瞑想型が一番強いと思っており、自分でも相手にしたくないポケモンである。

状況次第で1対4の劣勢もひっくり返せる。急所だけはやめていただきたい。ただ施行速度が非常に遅いのと、定数ダメージ、追加効果に滅法弱く、回復技のPPも少ないのが難点

終盤に瞑想788 (1)が急増したのでサイコショックにするべきだった。

図太い個体しかいなかったのでこのような配分になったが控えめHCベースの方がいいと思う

 

 

 ギルガルドギルガルド@ゴーストZ

【特性】バトルスイッチ
【性格】冷静
努力値】252-0-0-252-4-0
【実数値】167-70-170-112-171-58
【技構成】シャドーボール/聖なる剣/ワイドガード/キングシールド

 

ワイドガードが使えて鋼枠で汎用性の高いことに目をつけて採用。重いポケモンを強引に突破したり、相手のトリックルームを利用して上から殴ったりと汎用性の塊だった。トリル下でなるべく速く動きたかったので最遅。

クレセリアなど面倒なポケモンをワンパンしたかったのでゴーストZ。メジャーすぎて読まれるので打つタイミングに気をつけよう。

とりあえず選出すれば確実に仕事をしてくれるから強い。選出率1位

技構成は最後まで迷走してた。ラスターカノンは打つ機会が全くなかったので248 (2)115-m.png143.pngへの最大打点となる聖なる剣を採用。(ツボツボ)(ラッキー)にもワンチャン勝てるようになった。全く読まれなかったで強かったが、A無振りなのでH振り248 (2)は低乱数でしか落とせないので過信には気をつけよう。

 

 

基本選出

VS115-m.pngスタン

初手006-my (1) ランドロス霊

後続カプ・コケコ クレセリアorギルガルド

 

ほとんど115-m.png@1が来る。006-my (1)ランドロス霊と並べる事で後出し(ヒードラン)を牽制できていた。早い段階に006-my (1)115-m.pngをワンパンできれば†easy win†できる

 

 

VS786 (1)グロス786 (1)426.png

初手006-my (1)ギルガルド

後続ランドロス霊@1

 

ほぼ初手からいきなり786 (1)グロス786 (1)426.png)が来る。ギルガルドを大事にしながら立ち回れば勝てる。426.pngは面倒なので早めに倒しておく。

 

 

 VS雨パ

初手カプ・コケコギルガルド

後続blog_import_58d21c9bdf35f.png006-my (1)

 

こちらも初手雨始動+エースが来る。カプ・コケコ守ってエースにZを打ち、blog_import_58d21c9bdf35f.png006-my (1)で詰める。初手ギルガルドが集中されるケースは一度もなかった

 

 

VS006-my (1)バナ

初手カプ・コケコblog_import_58d21c9bdf35f.png

後続 @2

 

基本パーティ単位で有利なので安定行動してればほぼ勝てる

 

 

VSエルテラキゲンガー

初手006-my (1)ランドロス霊

後続ギルガルド@1

 

初手(エル)(ゲンorテラキ)が来る。(エル)追い風(ゲンorテラキ)は守ってくるので、熱風+地震を打って(エル)を落とし、追い風ターンを稼いで詰めていく

 

 

 VSトリル

初手ランドロス霊 カプ・コケコor006-my (1)

後続カプ・コケコor006-my (1)ギルガルド

 

ほとんど248 (2)入りなのでblog_import_58d21c9bdf35f.pngクレセリアが出せない。その為この4体で確定。ギルガルドを上手く通しながらトリルターンを稼いでいく。

 

 

前述した通りやりたい事を押し付けるのがコンセプトなので特定の構築への対策は一切してない。

 

終結

f:id:Pokegetmon:20170903211549j:image

 

 

後語り

シーズン4お疲れ様でした

やっぱり好きなポケモンで勝てると楽しいなーって改めて感じた。

全国ダブルでカプ・コケコblog_import_58d21c9bdf35f.pngを使ってる人を一度も見た事がないので、今後はコケコライチュウの人として全国ダブルの環境を荒らせるくらい強くなる事を目標に頑張っていきたい。

と言っても受験勉強の重圧がある現状では対戦数をこなしていく事が出来ないので勝率にも拘っていきたい。

シングルレートやってた頃も今も変わらずレート保存欲に非常に弱いので、もっと精神力を鍛えて向上心を強くしたい。 

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。何かありましたら当記事のコメント欄にて対応します。

 

 

生存報告的な。

自由時間が圧倒的に増えたのにも関わらず2ヵ月間全く投稿してなかったのは、単刀直入に言うと「ポケモンに対するやる気が無くなった」とでも言いましょうか。

もともと運ゲーを毛嫌いしていた(だったらなんで今までポケモンやってたのかというツッコミは置いといて)こともあり、プレイング以外の要素で負けることが気に入らず、最近になってそれが顕著に、明確に自分の中で示されたから。

もともとシングル勢だったがダブルに転向した理由も運要素をなるべく避けつつ、ポケモン本来のプレイングによる試合展開や読み合いといったものを楽しみたかったからである。まあ、結局ダブルも運要素がとても強いものではあったが。

 

まあ何が言いたいのかというと、しばらくポケモンから離れたいと思う。

面白いと感じなくなったゲームを無理して続ける理由もないし、むしろたかがゲームでここまでムキになってやるのもバカバカしいと「自分は」感じたのでいったん距離を置いて頭を冷やしたいからである。(※ポケモンを真面目にやってる方を侮辱しているつもりは全くないとここで宣言しておく)

 

 

そこで今後の方針について。

まあこんなブログほんの少数の人しか見てくれていないのは知っているが、スローペースで色々なことを適当に書いていければいいかなと。まあ自分のブログだし好きなこと書かせてくれ。

 

だいぶ前に、ここでポケモン引退を宣言していた事もあってそろそろ潮時なんじゃないかな、と思いました。

 

【USUM WCS2018】反復横跳びパ

お久しぶりの投稿(記事書いたこと自体半年ぶり)。

2017年11月17日 ウルトラサンムーン発売

 今回新たに追加された新ルール「WCS2018」

 

 

アローラ組にも新しい教え技が配布(コケコとライチュウに有用な技は無かった💢)されたことによって強化されたポケモン、新要素が追加され環境が大きく変化したかのように思われるだろう(実際あんま変わってない気がする)。そこで今回は新要素を存分に活かしたい。

 

特に今作の新しい教え技で、ダブル環境を大きく揺るがすような衝撃的な技が追加された...

 

それは...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サ イ ド チ ェ ン ジ

 

 

 

そう、あのダブル勢の誰もが嫌っている禁断の技がとうとう追加されてしまったのだ。サイドチェンジという見えない影の下で強いられる択ゲーの嵐

ということで早速使ってみましょう()

 

(※今回の構築にライチュウはいません)

f:id:Pokegetmon:20180122082610p:image

 

 

 

ー目次ー

 

 

 

 

構築経緯

サイドチェンジが使いたい→シナジーの良い積みアタッカーを揃えたい

サイドチェンジで致命傷を回避しながら積み技を積んでいきタテていく構築が完成した。

うん、ただの反復横(ry

 

 

 

パーティ個別解説 

※採用順に記載

 

 サマヨール@進化の奇石

【特性】生意気
【性格】お見通し
努力値】252-×-4-×-252-0
【実数値】147-×-151-×-200-27
【技構成】サイドチェンジ/トリックルーム/鬼火/呪い

 

鬼のような耐久数値から繰り出されるサイドチェンジはえぐい。トリックルームを張りつつ、鬼火呪いで起点回避しつつ自主退場もできることから、サマヨールに注目した。やることが無くなったらひたすら反復横跳びしてるだけで強い。威嚇鬼火で物理耐久は賄えるのでHD特化してみた。硬すぎる。なんだこいつ

攻撃技がないので挑発で止まるが今の環境だと採用してるケースがとても少ないので特に困ったことは少ない。ただ、ミリ耐えされたときなどでナイトヘッドが欲しい場合はいくつかあったが技スペが足りなかった。技構成はもっと検討する必要がありそう

 

普通に単体性能も高いので、ほぼ全試合で先発に出していた。

 

 

耐久値目安

カプ・テテフPF込特化サイキネZ:68〜80.2%

ギルガルドZシャドボ:91.1〜110.2%(50%乱1)

 

 

 

Aベトベトン@混乱実
【特性】食いしん坊
【性格】勇敢
努力値】252-252-0-×-4-0
【実数値】212-172-95-×-121-49
【技構成】はたきおとす/毒突き/リサイクル/呪い

 

サマヨールとタイプ面での相性補完の良さと弱点である物理耐久を鬼火でカバーしつつサイドチェンジしながら呪いを積んでいく点では非常に強かった。

A特化しないとリザYを毒突きで確定2発が取れないので割り切れずにAに割いたが、鬼火威嚇でごまかせるBとは違ってD方面が少し薄いと感じたのでまだまだ調整を研究する余地がある

 

 

モロバレル@混乱実
【特性】生意気
【性格】再生力
努力値】244-×-12-0-252-0
【実数値】220-×-92-105-147-31
【技構成】ギガドレイン/ヘドロ爆弾/キノコの胞子/怒りの粉

 

トリックルーム下で胞子を打ったり、怒りの粉で攻撃を吸収したりして積みの起点を作るだけ。

こいつも上記同様、威嚇鬼火で物理耐久をごまかす形を取ったのでD特化。

 

 

 

クチート@メガ石
【特性】勇敢
【性格】威嚇→力持ち
努力値】252-252-0-×-4-0
【実数値】157-172-145-×-116-49
【技構成】アイアンヘッド/不意打ち/剣の舞/守る

 

隙を見て剣舞積んで不意打ちするだけ。クチートに命中不安定技を採用するメリットの無さを改めて感じた。積むことさえできればタイプ相性ガン無視してゴリ押しすることもできる

 

ここの4体まではすんなり決まった。

 

 

 

ランドロス@地面Z
【特性】陽気
【性格】威嚇
努力値】4-252-0-x-0-252
【実数値】165-197-110-×-100-156
【技構成】地震/岩石封じ/とんぼ返り/守る

 

困ったらとりあえず入れとけば強い理論。

Z枠が余っていたのと、威嚇→とんぼ返りで後続に繋ぐ流れがこのパーティに合っているとも感じた。

最速はミラー意識、ワンチャンリザードンカプ・テテフを抜けるようにしたかった。というのもリザードンが重すぎるので、耐えられる可能性がある岩雪崩より、やや命中安定で単体攻撃の岩石封じを採用せざるを得なかった。

 

 

 

ウルガモス@気合の襷
【特性】虫の知らせ
【性格】臆病
努力値】4-×-0-252-0-252
【実数値】161-×-85-187-125-167
【技構成】火炎放射/虫のさざめき/蝶の舞/守る

 

最後の最後まで迷走した枠。

特殊の炎技が打てる積みアタッカーを探した結果がウルガモスの採用となった。トリックルームと相性が悪い為、こいつを選出する場合はトリル軸が出せなくなる。

ここまでナットレイテッカグヤがどうにもならなかったのでこいつを入れることで全体の負担を減らすことができたかもしれない。

この持ち物になった理由は単に持たせるものが無かったのと、虫の知らせと合わせての火力に期待したことからこうなった。

 

 

 

結論

初見殺しすぎてとても面白い技だと思った。

当コンセプトが思うように働いたことが多く、サイドチェンジをすることによって毎ターン生まれる択ゲーを押し付けられるのは本当に強かった。サイドチェンジという技がなくてもサマヨール自体の単体性能も非常に高いように感じた。改めてサイドチェンジという技のずるさを実感した。サイドチェンジをZ化するとSが2段階あがるといったところも非常に面白く、これからも開発されていくだろう。

 

 

 

反省 

サマヨールでサイドチェンジを乱発してたら初手でも読まれるようになってしまった。手の内を知られては元も子もないのである。

パーティに視点を変えるとモロバレルがとにかく重いので、ここをなんとかしたい。威嚇ループされたら積みが間に合わないことが多く、特殊の積みアタッカーがもっと欲しいところではあるが、現状このパーティに合うポケモンはいないように思える。

ウルガモスがあまり上手く機能していたように思えなかった。鋼が重い以上この枠はどうすることもできなかったがここは再考の余地あり。

単に威嚇ループがきつい。

 

 

後語り

構築記事は二度と書かないと宣言しました。

その通りこれは構築記事ではありませんので制限の対象にはなってないです。

じゃあなんなんだということで話を進めると、これは構築「案」であって、資料みたいなもんだと考えてもらいたい。

 

そもそも構築記事を書く目的は

実績自慢見栄 主張 自己満足

といったところだろうか。

 

そう、目的が違いすぎるのだ。

ここでは「案」を記載している。これを参考に崩してパーティを組むのもパクるのも自由。いわば著作権とやらはない。

一方構築記事は「〇〇のパーティ」と言ったようにレッテルを貼られる。

 

このような違いがあると考えている

よってこれは構築「記事」ではない

 

 

 一応毎月投稿を維持するような形にはなりましたね

 

【全国ダブル】プテライチュウスタン 構築案

f:id:Pokegetmon:20170910210212p:image

娯楽というものが人をダメにする。なかなか娯楽から脱却できないのは、前代から娯楽自体に頼りすぎていた為の見返りなのだろうか。人間としての能力が衰退していっている現代の我々はこのまま何もせずに無力で終わる事になるのだろうか。

 

為せば成る 為さねば成らぬ何事も

                         成らぬは人の為さぬなりけり

 

江戸時代中期の天明飢饉大御所政治天保の改革でことごとく失敗し衰退していく幕府体制の中で、藩政改革に踏み切った。米沢織などの殖産興業、倹約推奨、藩校興譲館の再興で自らが指導し成功させた''名君''の1人米沢藩上杉治憲の和歌である。

この言葉はアメリカ前大統領オバマ氏の名言

「Yes, We Can.」

といった言葉にも用いられているように、世界中で名声を得た和歌である。

 

何もしなければ何も始まらない、我々にはできる。こういった言葉が生まれるまでは、単純で明快な事なのに誰1人として気付くことがなかったのである。

 

何が言いたいのかというと、こういう教訓を学び、誰かが立ち上がり誰かが行動を起こさない限り何も始められないという現代の能力の低さに気付くべきではないだろうか。

自立。自分自身で行動を起こそうとする努力が我々には足りなさすぎるのかもしれない。

 

 

で、何の話してたんだっけ...

 

 

 

ー目次ー

 

 

 

 

構築経緯

素で速く上から岩雪崩をタイプ一致で打てるメガプテラが弱い訳ないだろ!いい加減にしろ!というしょうもない理由で使いたくなった。

プテラ自体の見た目好きってものある

 

ライチュウと組み合わせて弱点を無くそう。

あとは上から岩雪崩打つだけで終わり。平定。

...人生はそれほど甘くはないのだ

 

ShowDownでいつものように運転した

結局いつもの1400〜1480辺りを彷徨ってた

 

 

 

パーティ個別解説

ライチュウ@気合いの襷
【特性】避雷針
【性格】臆病
努力値】0-0-0-252-4-252
【実数値】135-99-75-142-101-178
【技構成】10万ボルト/我武者羅/猫騙し/アンコール 

 

いつもの。もうこの言葉以外に何もかけてあげることが出来ない。恐らくこれが自分の中でのライチュウの結論型なのだろう。まあ、襷が優秀すぎるからね、仕方ないね。

今回はプテラに電気耐性を付与する役割。

後述するキュウコンのスリップダメージを考慮に入れながら立ち回るようにしよう。

 


メガプテラ@メガ石
【特性】緊張感→硬い爪
【性格】陽気
努力値】0-252-0-×-4-252
【実数値】155-187-105-×-116-222
【技構成】岩雪崩/フリーフォール/追い風/守る

 

上から岩雪崩を打つだけが仕事という悲しいメガ枠ポケモン

素でも意外と耐久がある上に、後述するキュウコンオーロラベールライチュウの耐性付与のお陰で試行回数をかなり稼ぐことができる。

威嚇に弱すぎるが、怯ませれば関係ないので特に気にならない。ダブルは怯みクソゲーなのでとりあえず上から岩雪崩してれば強い

 

火力があまりにも無さすぎるので過信に注意

 

 

ヒードラン@食べ残し
【特性】貰い火
【性格】控えめ
努力値】196-×-4-252-28-28
【実数値】191-×-127-200-130-101
【技構成】熱風/大地の力/身代わり/守る

 

ギルガルド以外の鋼枠+炎枠として使ってみたかったので採用。耐性が多く後出ししやすい。

オーロラベールと非常に相性が良く、並の攻撃でも身代わりが壊れることはない。さらに後述するカプ・ブルルグラスフィールドのお陰で勝手に回復していくクソポケモン(褒め言葉)

なお熱風を外しまくったのでやはりこいつはクソポケモンであった。

 

 

カプ・ブルル@突撃チョッキ
【特性】グラスメイカー
【性格】意地っ張り
努力値】236-252-4-×-4-12
【実数値】175-200-136-×-116-81
【技構成】ウッドハンマー/ウッドホーン/馬鹿力/岩雪崩

 

またしてもいつものポケモン。 

カプ・ブルルの使いやすさは異常であり、とても気に入ったポケモンの一匹である。

今回は水の一貫性を切るのと、ただ単に相性補完として優れているから採用した。

グラスフィールドの恩恵を受けやすいパーティでもあるので積極的に選出しよう

 

 

Aキュウコン@光の粘土
【特性】雪降らし
【性格】臆病
努力値】4-×-0-252-0-252
【実数値】149-×-95-133-120-177
【技構成】吹雪/フリーズドライ/オーロラベール/守る

 

雨パ対策兼壁貼り要因。

火力も無いし耐久も無いし遅いしタイプも良くないし何なんだこいつ...特性が強いだけだった

アンコールは読まれると思って敢えて切ったけどキュウコンの前で普通に補助技打たれまくったので こいつアンコール知らんのか? ってキレてました。

キュウコン使うことは今後当分ないでしょう

 

 

ランドロス@地面Z

【特性】威嚇
【性格】陽気
努力値】4-252-0-×-0-252
【実数値】165-197-110-×-100-157
【技構成】地震/岩雪崩/蜻蛉返り/守る

 

プテラと相性良さそうだったので採用。

カプ・ブルルがいるのとZ枠が余っていたので前から気になっていた地面Zランドロスの感触が知りたかったので使ってみた。

 Zを持っている事の最大の利点は守るが使える事にあると使ってて感じた。ランドロスはチョッキとスカーフで半分以上を占めているのでなかなか読まれにくく、守るが有効に機能してくれた。あと、グラスフィールド上でも地面技の打点となりえることや、味方を巻き込まない点ではかなり優秀だった。

今までランドロスに蜻蛉返りを採用することがほとんど無かったので存在忘れてて素で交代させてしまったことが度々あった

やっぱりランドロスは何させても強いなあ

 

 

 

結論

メガプテラは弱かった。

環境に取り残されている感が強い。威嚇に弱すぎるのと火力が無いのが最大の難点で、メガ枠に似合った活躍をしてくれないのだ。ブレイブバードよこせ

また、怯み依存という時点だけでも不安定さが露骨に出ているのに、そもそも岩雪崩を外しては元も子もないのである。

 

一番思ったことは、わざわざメガシンカする必要性の無さを感じてしまった。もう全ての終わりだ

 

 

 

反省

怯みの依存性があまりにも高かったので、実力で勝った試合が多かったかは不透明な部分である。

主役であるはずのメガプテラが全く活躍せず、ランドロスヒードランといった相性補完で採用したポケモンの方が選出率も高く、とても活躍していた。

これは自身の構築力に問題があると感じた

前述した通りSDレート自体は1400〜1480くらいだったのでそれほど悪い構築では無いんじゃないかと思いますがどうでしょうか

 

 

 

後語り

もう定番となっている文字数稼ぐコーナー。

 この記事が投稿されている頃にはクリスマスシーズンですがいかがお過ごしでしょうか。

自分は受験間近で必死こいて勉強やってると思うのですがどうでしょうかね

 

あとこれが投稿されてる頃にはウルトラサン・ウルトラムーンが発売されてると思うのでダブルの構築案の毎月投稿は一時休止になると思います 

 

 

 

執筆期間:2017年8月10日〜8月11日

 

【全国ダブル】手動晴れトリルバクーダスタン 構築案

f:id:Pokegetmon:20170826130642p:image

今回はダブルに少しでも興味を持っている方には是非使って欲しいのでQRパーティを用意しました。ダブルの楽しさが詰まっているパーティだと思います

組んでたときはそんなに強そうじゃなかったけど、いざ使ってみると意外と強く、爆発力が凄まじい、何より使ってて楽しいパーティになった。あと思考停止で技が打てるのがいい

ダブルバトルの醍醐味である高火力範囲技で制圧していく爽快感はたまらんぞ。ダブルの楽しさを知るきっかけになってくれれば幸いです

 

 

今回は後語りでお知らせがありますので、特に身内の方は最後まで見ていただきたいです。

 

 

 

ー目次ー

 

 

 

パーティ個別解説

ヤレユータン@エスパーZ

【特性】精神力
【性格】生意気
努力値】252-×-4-0-252-0
【実数値】197-×-101-110-178-58
【技構成】サイコキネシス/トリックルーム/采配/日本晴れ

 

トリル始動要員+采配日本晴れでバクーダのサポートに特化した構成。

確実にトリックルームを決めるために精神力。テレパシーの方が有名な為かこいつに猫騙しを打たれる事が多かった。まあ、巻き込み技打てる奴いないから精神力一択なんだけど。

後述するルカリオと並べて確実にトリックルームを決めることができた。あとは相手のトリル読みトリルを警戒しよう。

こいつにノーマルタイプがあることって忘れやすいよね...。よくシャドーボールを打たれた辺り自分だけじゃなかったみたいですね

防御方面が薄いのでもっとBに振った方が良かった。初手でヤレユータンをワンパンできるポケモンを二体並べられたら相当苦しい。

 

 

ルカリオ@拘りスカーフ

【特性】精神力
【性格】陽気
努力値】252-4-0-×-0-248
【実数値】177-131-90-×-90-156
【技構成】命懸け/この指止まれ/インファイト/寝言

 

初手命懸けで退場してヤレユータンが確実にトリックルームを決めさせてもらう特攻隊。

命懸けで初手に出てくる両方のポケモンを落とせなさそうな時や、ヤレユータンをワンパンできるポケモンを二体並べられた時に、この指止まれを打たざるを得なくなってしまうのでディスアドが酷く苦しい。

インファイトバンギラスピンポイントだが、なるべく打ちたくない。初手で退場してくれるのが一番理想だからである。

こいつにも猫騙しを打たれることが多かったが精神力一択。

 

 

バクーダ@メガ石

【特性】ハードロック→力尽く
【性格】冷静
努力値】252-×-0-252-4-0
【実数値】177-×-120-216-126-22
【技構成】噴火/火炎放射/大地の力/守る

 

全てを制圧するトリルエース。トリル下に降臨すれば無敵と化す。

晴れ+噴火×2を受けきることができるポケモンは耐性があろうが関係なく耐えるものはいない。

もっと言えば晴れ火炎放射×2でもほぼ耐えない

晴れ前提で話をしているが晴れてなくても並耐久程度のポケモンは余裕でワンパンできるパワーを持っている。

ヤレユータンと組み合わせたら雨パだろうが半減で受けてこようが関係なく晴らしてワンパンする。トリックルーム対策を怠っているパーティはカモ。

 

カプ・レヒレメガボーマンダごときで止められると思うなよ???

 

 

 カプ・ブルル@突撃チョッキ

【特性】グラスメイカー
【性格】意地っ張り
努力値】236-252-0-×-0-20
【実数値】175-200-135-×-115-82
【技構成】ウッドハンマー/ウッドホーン/馬鹿力/岩雪崩

 

バクーダの相性補完で採用。地震からバクーダを守ったり、炎技が通りにくい相手に強い。

こいつ自身もトリルエースとなり得るので選出率はほぼ100%を占めていた。

鋼をバクーダで潰し、岩水をブルルで潰すという相性補完が素晴らしかった。ドラゴンはボーマンダしかいないのでバクーダのゴリ押しでもなんとかなる

 

 

 ミミッキュ@メンタルハーブ

【特性】化けの皮
【性格】生意気
努力値】236-0-12-×-252-0
【実数値】161-110-102-×-172-90
【技構成】トリックルーム/呪い/鬼火/影打ち

 

第2のトリックルーム要員兼害悪対策。化けの皮ある癖に素でもそこそこ固いのでトリックルームが貼れないことはほぼ無い。

カプ・ブルルを選出する理由が無い時にしか出さなかったので選出率は低め。

 

 

ライチュウ@気合いの襷

 【特性】避雷針
【性格】臆病
努力値】0-0-0-252-4-252
【実数値】135-99-75-142-101-178
【技構成】10万ボルト/我武者羅/猫騙し/アンコール

 

猫騙しアンコール我武者羅を同時に打てるのが強いという名目で採用。

肝心な相棒枠なのに記憶上だと一度も出さなかったので説明が最後になってしまった。

こいつの強さは前回の2つの記事を読んだらよーくわかると思いますので...()

この枠を改善すればかなり強くなると思った

 

 

 

基本選出

ヤレユータンルカリオ

バクーダ+@1

(※@1は99%カプ・ブルル

 

相手がどんなパーティであろうと選出を変えることは無い。(バクーダをサポートするポケモンで固めたのでこれ以外の選出が出来ない)

 

 

結論

この構築はほぼ相手依存になってしまうので、強いか弱いかは相手次第ということになる。

トリックルーム対策を施しているパーティには滅法弱く、逆に怠ってればカモになる。あと采配という技は、単体技を打った時に守られたら不発に終わるのでHPが削られた後は面白いほどじゃんけんゲーになってしまうこと。

 

ShowDownで回していたときは、トリル対策してるパーティが少なく、ほぼガルーラスタンだったので刺さりまくり瞬間24位まで到達したが、いざレートで使ってみたら割と対策されている構築が多く、それほど刺さらなかった。最高レートは1800前半までしか伸びず、その後は低迷した。

 

 

超高火力範囲技を打つのは非常に楽しい。

 

 

 

反省点

・初手でルカリオよりHPが高いもしくは気合の襷を持っている催眠技を持ったポケモンが初手に出てきたらトリックルーム要員が眠らされてトリルを貼れない自体が起こってしまう。

・初手の相手のトリル読みトリル行動を警戒するも、択に勝ったことは一度もない。(相手のトリル→こちらは日本晴れが決まれば初手で勝ちが決まるが失敗すれば苦しい展開になる)

・単にライチュウにこだわりすぎた。

 

 

 

SDテキスト

ここではShowDownのテキスト貼っておきます

 

以下ShowDownテキスト

Oranguru @ Psychium Z
Ability: Inner Focus
EVs: 248 HP / 8 Def / 252 SpD
Sassy Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Sunny Day
- Trick Room
- Psychic
- Instruct

Lucario @ Choice Scarf
Ability: Inner Focus
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 Spe
Jolly Nature
- Final Gambit
- Follow Me
- Close Combat
- Sleep Talk

Camerupt @ Cameruptite
Ability: Solid Rock
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 SpA / 4 SpD
Quiet Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Eruption
- Flamethrower
- Protect
- Earth Power

Tapu Bulu @ Assault Vest
Ability: Grassy Surge
EVs: 236 HP / 252 Atk / 20 SpD
Adamant Nature
- Wood Hammer
- Horn Leech
- Rock Slide
- Superpower

Mimikyu @ Mental Herb
Ability: Disguise
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 SpD
Sassy Nature
IVs: 0 Spe
- Trick Room
- Will-O-Wisp
- Shadow Sneak
- Curse

Raichu @ Focus Sash
Ability: Lightning Rod
EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
- Thunderbolt
- Fake Out
- Endeavor
- Encore

 

 

 

 

 

後語り・お知らせ

レートどころかShowDownすらやらなくなりました。娯楽を失った自分はもう勉強するしか無いみたいですね。まあ、一区切り付けるのは大事だと思ったのでスマートフォン自体のアプリを一括整理して娯楽を全て切り捨てた。端末開いてもやる事が何も無いレベルまで達した

この記事についてツイッターに投稿されてるツイットとこの記事自体は予約投稿なので自身はツイッターアカウントがどうなっているのかは知る余地がありません。

 

そういえば今気づいたけど、これが投稿されてる時期にはもうウルトラサン・ウルトラムーンが発売されてるんだっけ。まあ、その時はその環境に合わせて使ってみていただけたらと思います

 

 

 

最後になりましたがここでお知らせ

 

第7世代が終わり次第ポケモンを引退を決意。

理由はポケモンに当てる時間をもっと他に有効活用できるんじゃないかと考えたのと、リアルでの生活をもっと充実させたかった。

あとはただ単にポケモンへの熱意が無くなってしまったから。(てか、熱意無くなる言ったらこのブログのタイトルどうしてくれるんだよ...)

 

引退する形にはなってしまいましたがポケモンというコンテンツに出会えて本当に良かったと思っております。これからも末長く続いていってくれる事を心から祈ってます。

 

 

執筆期間:2017年8月17日

【全国ダブル】雨ブルクチライチュウ 構築案

f:id:Pokegetmon:20170820220358p:image

ウルトラサン・ウルトラムーンは発売日に買う気は一切無いので出遅れる事になってしまいます。まあ、来年の3月までポケモンのモチベーションを保ってられるか割と怪しいですけど。前回の記事で書いた通り、引退する可能性は割とあるかもしれませんね。はい

 

ぶっちゃけウルトラサンムーン考察する時間が取れないからあんまり環境変えないで欲しい

 

 

そんな話はどうでもよくて、今回はまたShowDownで割と勝率がよく、高レート帯に居座れたそこそこ強かった構築を紹介していきます。改良すればまだまだ上に行けると言いたいところですが、今回はほぼテンプレパーティなのであまり使いたくはない。

個性の無いパーティは何も面白くない

 

 

ー目次ー

 

 

 

採用経緯

まずメガクチートが使いたくなった。クチートスタンは雨ブルルくらいしか知らなかったから取り敢えず組み込んでみた。

結局よくいる雨ブルルクチートライチュウ入れただけになった。たまには避雷針ライチュウも使いたいんだよ。

まあ、それなりに強かったからいいか

 

 

 

使用個体個別解説

ライチュウ@気合いの襷

【特性】避雷針
【性格】臆病
努力値】0-0-0-252-4-252
【実数値】135-99-75-142-101-178
【技構成】10万ボルト/我武者羅/猫騙し/アンコール

 

いつもの襷ライチュウ。襷の汎用性は高い。

猫アンコで隣のサポートをしているのはアロライも避雷針ライチュウもやっている事は同じである。単に速いか電気吸えるかの違いにしか思えなくなってきた...

自称ライチュニスト一生の不覚

 

意外と我武者羅という技が強かった。元々HPが低いこともあってHP満タンでもそこそこ削れる。襷発動後に我武者羅打てたらラッキー程度に思っている

ただ我武者羅ライチュウ自体もう入手できない。第6世代の参加者5000人しかいなかったインターネット大会の参加賞で配布されたので持ってる人自体あまりいないと思う

ライチュニストの俺氏、なんと我武者羅覚えたアロライを持っている。サブロムに予備として温存していたピカチュウをアロライにした。多分自分以外持ってる人いないだろガハハというどうでもいい自慢話

 

 

クチート@クチートナイト

【特性】威嚇→力持ち
【性格】勇敢
努力値】252-252-0-×-4-0
【実数値】157-172-145-×-116-49
【技構成】アイアンヘッド/不意打ち/岩雪崩/守る

 

火力お化け。威嚇入れられても半分以上削るキチガイ火力がクセになる。

じゃれつくを採用してないクチートに疑問を持つかもしれませんが、じゃれつくは外れるゴミ技なので採用しません。ん?岩雪崩?そりゃーリスクを負わなきゃリターンが無いわけで...

まあトリル下で打つ岩雪崩は強すぎるから外すリスク背負ってでも採用する価値はあるということ。あと範囲技ということもあって汎用性が高い

じゃれつく欲しいと思った場面はそれほど多く無かったので技構成はこれで完成されてると思います

ただ難点としては耐久が高いわけでも無いので消耗が早い。特にメガ前は受け出しができないのでなるべく後出しはしない。トリル選出時以外はお荷物になるのであまり出さない

後述するカプ・ブルル+雨選出で実質的な弱点が無くなるらしい。使用率自体そんな高くないけどメガクチ普通に強いよ

 

 

クレセリア@イアの実

【特性】浮遊
【性格】冷静
努力値】252-×-4-252-0-0
【実数値】227-×-141-139-150-81
【技構成】サイコキネシス/冷凍ビーム/トリックルーム/毒毒

 

いつものトリックルーム展開要員。

瞑想クレセリアに使い慣れているせいか、Cに厚く振っているので瞬間火力に過剰な期待がかかっている。やっぱり無いものは無い。

毒毒は割とピンポイントなので守るでもよき

こいつに関しては普通すぎてこれといって語ることがない

 

 

カプ・ブルル@突撃チョッキ

【特性】グラスメイカー
【性格】意地っ張り
努力値】236-252-4-×-4-12
【実数値】175-200-136-×-116-81
【技構成】ウッドハンマー/ウッドホーン/馬鹿力/岩雪崩

 

火力お化けその2。一度カプ・ブルルが使ってみたかったこともあって採用。

クチート地震から守ったり、後述するルンパッパの草技の威力あげたりとサポートもできる。雨クチートとのシナジーの良さが素晴らしい

素の耐久+チョッキと雨、フィールドのお陰でなかなか消耗しないので積極的にウッドハンマーを打っていきましょう。威嚇入っても大抵は半分以上削れるお化け

カプ全員に強いのもこいつの強みであった。なぜあまり使われてないのかが全く分からないほど強かったので、これを見てる皆様は使わないでください(震え声)

 

フェアリータイプが2体もいるのに誰もフェアリー技打てないのはもはやギャグである

 

 

ニョロトノ@オボンの実

【特性】雨降し
【性格】図太い
努力値】252-×-252-0-0-4
【実数値】197-×-127-121-120-91
【技構成】熱湯/滅びの歌/雨乞い/守る

 

雨要員。滅びが使えるニョロトノを採用

アンコールはライチュウが持ってるので切った。リザードンがそこそこ重かったので代わりに雨乞いを採用したがあまり打つ機会はなかったのでアンコールでもよき

一応雨要員だがピン選出することは多い

 

 

 ルンパッパ@水Z

【特性】すいすい
【性格】控えめ
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】155-×-91-156-120-122
【技構成】ハイドロポンプ/ギガドレイン/冷凍ビーム/猫騙

 

雨エースZ枠なのに紹介が最後になるアレ

雨下ハイドロポンプZの火力が異常。Z消費後はあまり火力がないので押し切れずに終わってしまうので選出率は低め。グラスフィールド化でもギガドレインは火力が出ないのでエナジーボールでもいいかもしれない。

そこらのテンプレと大差ない

 

 

 

結論

前回書いた記事のパーティよりは強かった

改良の余地はまだまだあるのでこのパーティを上手く改良できたらかなり強くなるんじゃないかなと感じた。

モロバレルさえなんとかなればなあ

まあ、雨クチブルルに飽きたのでここに残しておきます。

 

 

反省

ー今回の反省点ー

・このパーティが使える技の範囲があまり広くないので構築単位で無理なポケモンが何体か出来てしまった(ゴリ押しでなんとかなるっちゃなんとかなる)

・晴れパがキツイので立ち回りに苦労

モロバレルに隙を見せることが多かった

・守る持ちが少ないので安易な行動ができない

・パーティの個性が薄すぎる

ライチュウの選出率が低い

 

ー良かった点ー

メガクチートの可能性を見出せた

・ブルルの使用感を味わえた

トリックルーム軸の扱いやすさ、それの対策等を学ぶことができた

 ・我武者羅ライチュウつええよ

 

 

後語り

レートの方は全くできていない。やる気がない

最近だとテテグロスやエルテラ、ChalkFiniといった構築を使ってみたけど、使いづらすぎて自分には無理だった。自分にはコケコライチュウが馴染んでいたりするので構築とプレイヤーの相性というものもあるんですかね

そろそろコケコライチュウの新しいスタンダードを組みたいですね。ネタ切れどころか一つしか組めてない現状

なんとか夏休みを乗り越えられそうだけど物足りなさをものすごく感じている。もっと勉強やらないとなあ

 

 

ShowDownを控えることにした。

ポケモン飽きたとか、時間の無駄とかだけでなく、ただ単に「逃げているだけ」な気がしてきたから。自分は逃げるという行動が特に嫌いである。

人間という生き物は常に「逃げる」という選択肢が「耐え抜く」という行動に付き纏っている。辛い事や嫌な事から逃げたくなるのは誰だって同じだ。

だが、ここ一番の場面で「逃げる」という選択肢を取った者に未来はない。この先に待ち構えている厳しい社会の現実が立ちはだかった時にも「逃げる」という選択肢を必ず選ぶだろう。仕事が嫌だという理由をつけて退職する。逃げ続けた者の末路など知る故もない。

そもそもここ一番の場面、つまりチャンスが通り過ぎた事すら気づかない者もいるだろう。チャンスとは人間全員に平等に与えられている物である。例えば受験。人間の唯一の平等と呼ばれている受験こそが人生最大のチャンスである。ここで「耐え抜く」という行動を取った者にしか「人生に勝つチャンス」を与えられない。(もちろん受験後に怠けてたら元も子もないが)

それに気づいて初めて社会の競争に参加できる。つまり努力しろということだろう。 

 

果たしていつ努力は報われるんだろうか

「報われない努力などない」といったふざけた綺麗事があるのとは対象に「報われない努力もある」という言葉もある。まずはこのような努力が現れるのか否かの要因の違いを理解することから始めなければならない。

なぜ報われないのか。能力的問題なのか、努力量の問題か、はたまたそれ以外か。その要因を把握し、行動に移す者の中からほんの一握りが成し遂げられる快挙が努力である。残念ながら努力も才能の内なのだ。

まあ成果は人それぞれであって、自分に見合った形で満足できればそれでも十分だと思うけど

 

 

 

執筆期間:2017年8月7日

 

 

当ブログとツイッター連携停止のお知らせ

タイトルの通り、当ブログと本来使用していたツイッターの連携を切ることを決断しました。

よって、ツイッター上での当ブログの所有権を放棄することを宣言します。

 

 

理由は様々ありますが一番大きい理由としては、実績を捨てることに決めたこと。

ポケモンという世界が実力主義的な部分が大きく、より大きい実績があった方が色々な場面で上に見られるようになってきた。この実績主義に拍車を掛けているのが「構築記事の台頭」である。今ではかなり多くの構築記事が投稿されている。その記事こそが強さの象徴であり、権力となっている現状がある。

 

当時、自分も構築記事を投稿し、強さを見せつけるようにして他の人たちに振舞ってきた。だが、ポケモンをやらなくなるほど冷静になっていき、ポケモンの強さというものに魅力を感じなくなった。実績があろうがなかろうが、人の価値感というものは決して変わりはしないということに気づいた。

実績こそが、自分の周りにいる人々を傷つけ、多様な世界観を持つ身内の人々と関係を断たせざるを得なくなることが続いた。

 

 

以後は単体でブログを運営していきます

 

 

 

 

【全国ダブル】NEO KokoRaichu 構築案

f:id:Pokegetmon:20170727222742p:image

ShowDownで変なパーティ使って潜っててそこそこ上位に居座れていて悪くない構築だと思ったので記載することにしました

まあ、大目に見てやってください

 

元祖ライチュウ振興運動第一弾 

 

 

ー目次ー

 

 

なにがしたいのか

ただ避雷針ライチュウを使いたかっただけ

コケコで放電してライチュウでZ打ったら強いんじゃねって流れで残りを補完して完成

 

 

 

ライチュウはいいぞ

 

 

第6世代で永遠の課題であった火力問題を自動エレキフィールドとZ技によって解決されたが、アローラライチュウの登場により出番を奪われてしまった避雷針ライチュウの運命はいかに...

 

アロライは人気あるのに元祖ライチュウが人気ない事についてとても悲しんでいるので元祖ライチュウ振興運動やってます

 

 

 

 

 

 

使用個体個別解説

カプ・コケコ@命の珠

【特性】エレキメイカー
【性格】臆病
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】145-×-106-147-95-200
【技構成】10万ボルト/放電/マジカルシャイン/守る

 

安心と信頼のアタッカー。今回は適当に放電打ってライチュウのお膳立てをするだけ。スカーフランドロスに何も出来ないので立ち回りで工夫しましょう

 

コンセプトの都合上カプ・コケコから先に紹介した

 

 

ライチュウ@電気Z

【特性】避雷針
【性格】臆病
努力値】0-×-0-252-4-252
【実数値】135-99-75-142-101-178
【技構成】10万ボルト/めざめるパワー氷/猫騙し/守る

 

コケコの真の相棒ライチュウ。避雷針発動後EF電気Zの火力はH252メガガルーラ確1、コケコの珠放電と合わせるとD特化クレセリア確1。

凄まじい火力を1ターンで出せるのが強みではあるが、やはり耐久に難があるのはアロライとの共通点である。弱点が減ったので硬く感じる(小並感)

第6世代よりは使いやすくなった

初手ガルーラに猫騙しを打つのはやめといた方がいいです(戒め)

 

 

アローラライチュウとの差別化

利点

・不意打ち等倍

・フィールドの影響があまり無い

・避雷針で電気の一環切り

欠点

・耐久の割に遅い

ライトニングサーフライドの劣化

・技範囲の狭さ

 

 

リザードン@メガ石Y
【特性】猛火→日照り
【性格】臆病
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】153-×-99-212-135-167
【技構成】火炎放射/オーバーヒート/ソーラービーム/守る

  

S4でオーバーヒートを採用していたせいで安定感が無く選出率が低かった反省点を生かして命中安定の火炎放射を採用した。おかげで熱風を打つ機会が減ったので安定感が生まれた。ガルーラウルガモスをワンパン出来ないのは相変わらず痛いが致し方なし。

 

 

ランドロス@突撃チョッキ
【特性】威嚇
【性格】意地っ張り
努力値】Secret 
【実数値】Secret 
【技構成】地震/岩雪崩/はたき落とす/馬鹿力

 

いつもの。このパーティの過労死枠。ShowDownだけなのか分らんけどやたら冷凍パンチ持ったガルーラがいた。今後全国ダブルレートでも増えるんですかね

調整はオリジナルなので今は隠させていただきますが、いずれ公開すると思います

とんぼ入れたかったけど技スペきちーよ...

 

 

ギルガルド@食べ残し
【特性】バトルスイッチ
【性格】穏やか
努力値】204-×-48-0-252-4
【実数値】161-×-176-70-222-81
【技構成】シャドーボール/毒毒/身代わり/キングシールド

 

鋼枠1。Z枠がライチュウに取られているので毒身代わり型。

とにかく使いづらかった。火力の無いギルガルドは個人的に無しだと思った。毒身ガルドの強みが一切分からない

汎用性が低いので選出率も割と低め。

主にこの構築の戦犯である

 

 

テッカグヤ@フィラの実
【特性】ビーストブースト
【性格】慎重
努力値】252-0-0-×-252-4
【実数値】204-121-123-×-168-82
【技構成】ヘビーボンバー/宿り木の種/ワイドガード/守る

 

鋼枠2。受けがギルガルド1体だと負担が大きすぎたので2枠割いた(テッカグヤしか選出しなかったが)。食べ残しがギルガルドに奪われたので混乱実。浮いてる鋼は強かった。まさに†All mighty†

 

 

結論

弱い。

 

反省点としてあげられる事

・タイプ被りが多いので攻撃範囲、受け範囲があまりにも狭い

・日照り後の炎タイプのケアを全く出来ていなかった。特にヒードランが重すぎる

 ・自分のやりたい事に拘りすぎたが為に一度崩れたら立て直すことができなかった

・単体でみたらどのポケモンも使いやすかったが、構築単位での相性が合わなすぎた

・攻撃パターンが単純

・相手のスカーフアタッカーに弱すぎる

メガゲンガー無理🖕

 

よかった点

・構築次第ではNEOコケコライチュウの可能性を感じた

・頑張れば割と勝てる

 

 

後語り

思った何倍も強かったっていうのが第一印象。

SD1400~1480辺りを彷徨ってた

メガジュカインも使ってたから言えるけどやっぱり避雷針要因はコケコより遅い方がいいと感じた。D特化クレセも飛ばせる火力をS110から放てるのは本当にずるい...あれ?

 

 

誰かこの構築でレート2000乗せてください

 

f:id:Pokegetmon:20170728224005j:image

このポスターほんとすこ

 

 

 一体なにをやってるんだろうか

f:id:Pokegetmon:20170807140459j:image

※ShowDown BattleSpotDouble 

 

ポケ禁宣言したのにも関わらずShowDownやってる時点でもうダメみたいですね

 

 

 

執筆期間:2017年7月27日〜7月29日

 

 

生存報告

いつもの字数稼ぎ

 

8月14日に気分転換でピカチュウ大量発生チュウに行ってきました。 

f:id:Pokegetmon:20170815203139j:image

雷の石を与えたい衝動を堪えながらピカチュウ見てました。こうやって見るとピカチュウも全然ありですね。かわいくてよき

 

雨降ってるのにパーティ開始4時間前から場所確保しようとしたりと行動がガチすぎていた

自分は動画しかないのでここでは上げられません

 

9月中旬頃に左指2本骨折した。

原因は文化祭の準備中に釘打ちをしていたところ、面を外してハンマーで指を強打。全治約1ヶ月で済んだものの、時期は最悪である。

左指を折ったから実質的に左手も使えないので、代償がもの凄くでかい。行動範囲が格段と狭まり、自由が効きにくくなってしまった。

まあ自業自得なんだけどね

 

 

ポケモンの方も完全に折れた。

「No Pokémon, No Life. 」

ポケモンが無いのは人生でない。つまりポケモンこそ我が人生。ポケモンが無くなった自分は死を意味するというのはあくまでオブジェクトであって建前である。ポケモンを取り除くことなど容易いだろう。

 

 

自分は将来どうなっているのか一度は考えたことはあるだろうか。

大学や専門学校等を卒業見込みのある者にとっては避けて通れない就職活動。近年はやや回復傾向にあるが、悪型のデフレーションで経済は長年苦しみ、更には2020年に開催される東京オリンピックの影響でより悪循環に陥る可能性が極めて高い。数知れずとも就職活動に影響を及ぼすことになるだろう。不景気による消費税の増税や企業の採用者数の減少、賃金低下などといった追い風に我々は立ち向かい、そして社会と戦わなくてはならない。

近年話題になった「就職による実質懲役40年」という言葉がある通り、日本という労働大国に住んでいる限り長年の労働地獄に耐える必要がある。果たしてそれだけの覚悟を持つ事ができるだろうか。

 

適当に生活をし、その場凌ぎでやり過ごしてきた人生を通してきた者は今一度「人生」について考え方を改め、これからの「人生」についてしっかりと見直してはどうだろうか。

 

 

 

 

この記事(生存報告以外)は数ヶ月前に書いた物で、現在は受験勉強に必死でポケモンに全く触れておらず、さらに環境の変化によって対戦のモチベーションの低下が著しい為、ツイッターに復帰してもポケモンワンチャン引退するかもしれません。ご了承下さい