Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

No Pokémon, No Life.

構築記事保管所

PJCS2017使用構築 最終180位『Sludge Wave Standard』

始めまして。晴れてダブル勢として復活しましたE-4と申します。それに伴ってブログ名も変えてみました。今後ともよろしくお願いします。

(どうでもいいと思いますが、このハンドルネームは以前使用していたやつの頭文字を2つ取ってくっ付けただけで特に深い意味はありません。)

 

PokémonJapanChampionShips(以下PJCS)で使用した構築を紹介します。主にShowDown(以下SD)で運転しており、なかなか勝率が良かったのでこのままPJCSで使用しました。おそらくレートはボーダーに届いていませんが、ダブル経験がほとんど無いのに関わらず、自分が参加した全日程(A~D)で勝率8割超えをしたのでパーティの完成度はなかなか高かったんじゃないかと思いました。しかし今大会ではダブルバトルの経験不足が際立ちました。負けた試合のほとんどは自身のプレミだったので、かなり悔しかったです。来年は反省点を生かし、ダブルの経験を積んでリベンジします。急用が入ってしまった為、E日程は参加できなくなりましたので一足先に終わります。

 

 

ー目次ー

 

 

パーティ構築経緯

f:id:Pokegetmon:20170429000015p:image

とあるパーティを使ってSDで試運転をしていたところ、相手のスカーフウツロイドに3タテされて敵ながら感動してしまい、自分も使ってみたいと思ったところから組み始めた()。WCSルール上のほとんどのトップメタに強く、そこそこ技範囲が広かったのでウツロイドを軸にパーティを組んだら強いんじゃないかと考えました。ウツロイドの弊害になるポケモンを残り5体でカバーしてパーティができました。完成した後に気づいたけどこのパーティは雨パ、コードレ、テテフワライドを十分にメタれていた。

※自身の構築力、プレイングスキル不足によりライチュウをうまく使いこなせませんでした。すみません。

 

 

使用個体個別解説

ウツロイド@拘りスカーフ

【特性】ビーストブースト

努力値】4-×-0-252-0-252

【実数値】185-×-67-196-151-155

【技構成】ヘドロウェーブ/ヘドロ爆弾/パワージェム/10万ボルト

 

本構築の軸。相手のパーティの3体以上に弱点を付けられたら必ず選出するようにしました。初手に投げて適当に技を打ってるだけで相手のパーティが半壊する事が多々あったので本当に強かった。PJCSで異常に数を増やしているコータスドレディアもこいつ1体で崩壊させる事ができた。ヘドロウェーブは基本的に横にカミツルギを並べて打ちます。10万ボルトは一度も打たなかったのでこの枠は何でも良きかな。

 

 

カプ・コケコ@電気Z
【特性】エレキメイカー
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】145-×-106-147-96-200
【技構成】10万ボルト/マジカルシャイン/ボルトチェンジ/守る

 

憎きテッカグヤを駆逐する為に採用した。対面上でめんどくさい相手をスパーキングギガボルトで吹き飛ばす。ウツロイドとも相性がそこそこ良かったのでこのパーティにフィットした。(最初はエレキフィールドスタンを使っていたが、フィールドを奪われるととても貧弱なので上手い立ち回りが必要だったが、自分にはそのような腕は無かったので泣く泣くライチュウを解雇してしまった。すまん...ライチュウ...)

 

 

 

カミツルギ@気合いの襷
【特性】ビーストブースト
努力値】4-252-0-×-0-252
【実数値】135-233-151-×-51-177
【技構成】リーフブレード/スマートホーン/聖なる剣/見切り

 

ウツロイドが苦手な地面を狩る為に採用された。が、広範囲に及び仕事をしてくれた。カプ、トゲデマルカビゴンなどをこいつ一体で見れるのは偉い。汎用性の塊。普通すぎて特に言うことは無い。

 

 

ウインディウインディ@拘りハチマキ
【特性】威嚇
努力値】172-252-4-×-4-76
【実数値】187-178-101-×-101-125
【技構成】フレアドライブ/インファイト/神速/ワイルドボルト

 

ウツロイドの苦手な鋼を狩る。優秀な威嚇要員、数少ない炎枠として重宝した。WCSルール使用率1位だけあってなかなか使いやすく、単体でも強かった。非常に汎用性が高く、パーティに入れない理由がない。調整はどこかのブログを参考にしたのであまり覚えていませんが、Sは最速テッカグヤ抜きだったはず。ハチマキインファイトカビゴンがミリ耐えするのは割と気に入らなかった...。

 

 

トリトドン(ひがしのうみ)トリトドン@オボンの実
【特性】呼び水
努力値】164-×-96-252-0-0
【実数値】207-×-100-158-102-39
【技構成】熱湯/冷凍ビーム/毒毒/守る

 

電気の一環を切りたかったのと、雨パやミロカロスを無力化できる事に魅力を感じたので採用してみた。明らかに刺さってないとき以外は選出したが必要以上の仕事をしてくれた。選出誘導性能の高さや後出し性能も非常に高く、裏に置いておくだけで初手出し負けしても安定した試合展開に持ち込めた。ウツロイドと並べることで、雨パをウツロイドで崩していくことができる。自己再生は全く使わなかったので毒毒にした。ミラーやポリゴン2ミロカロスなど耐久型への対抗手段。

 

 

 ポリゴン2ポリゴン2@進化の奇石
【特性】ダウンロード(アナライズ)
努力値】244-×-12-252-0-0
【実数値】191-×-112-172-115-65
【技構成】トライアタック/冷凍ビーム/シャドーボール/守る

 

パーティ保管枠。受けがトリトドン一体だと、あまりにも負担が大きかったので採用。トリックルームも自己再生も切った謎の型であるが、これはこれで使い勝手が良かった。基本的にこいつは放置されるので守るを切ってフルアタにするべきだった。挑発を打たれたら1ターンのアド。シャドーボールはガラガラピンポイントだったがカプ・テテフメタグロスへの最大打点にもなった。日程Dに最遅アナライズに変更したが全然アリだった。常に1.3倍の火力は凄まじいものがあった。

 

 

このパーティは全体的に鋼が重いので、いかに素早く鋼を処理出来るかが勝敗のカギになります。ウツロイドを通す事を最優先に立ち回ることがこのパーティでは大事になってきます。

 

 

反省点

 ・浮いてるポケモンが一体もいないのでガブリアスが非常に一貫しており、初手出し負け=敗北に繋がってしまうので、こちらの選出が縛られるという点。(言うほど特に気にならなかったが...。)

 

・連勝を重ねていく度にプレイングが安直になりすぎる事が多かった。最後まで集中力を保ち、落ち着いた試合展開に運べるような精神力が足りなかった。

 

・先の展開をあまり考えずにやっていた(先の展開を読む力がなかった)せいで、後で取り返しのつかないプレイングを度々やってしまった。

 

・即決してコマンド選択をしてしまっていたので、選出ミスやプレミをやってしまった。特に選出の時は時間をかけてじっくり考えるべきだった。(性格上の問題である)

 

・日程A~D全て一貫して同じパーティを使っていた為、後になるにつれて型バレ行動されたりして割と辛かった(サブロム込みで対戦数が多かったので同じ人とマッチングする)。ほぼ一辺倒でやっていたのはマズかった。1つのパーティを作って満足しており、複数使える構築を作らなかった。

 

 

基本選出

対スタンダード

先発:

後続:トリトドン(ひがしのうみ)

 

(全くいなかったが)

先発:+ポリゴン2

後続:ウインディから2体

 

、雨パ

先発:+

後続:トリトドン(ひがしのうみ)+orウインディ

(初手コードレで来た場合、ウツロイドヘドウェ、コケコ守る→コケコバック)

 

※トリル、追い風対策は特にしてません。

 

 

パーティ全体で重いポケモン

(臆病スカーフ)

最速は非考慮。知らない。やめて...。

 

(草結び+めざ炎持ち)

広範囲すぎて誰も受けられない。

 

+避雷針

めっちゃきつい。

 

カビゴン(自爆してくるニキ)

こいつを一撃で倒す手段がない。

 

 

戦績

PokémonJapanChampionShips

f:id:Pokegetmon:20170524194311j:image

マスター最終180位

日程A 17勝3敗(回線切れ1...)

日程B 17勝3敗

日程C 16勝4敗

日程D 16勝4敗

日程E  急用により未消化

 

 ShowDown

最高43位 (Elo1731 GXE71.4%)

 

WCSレート

型バレを嫌って全くやりませんでした...。

 

 

後語り

PJCS2017お疲れ様でした。感想から言うと、満足は一切してません。が、全試合で自分の最大限の力を出し尽くす事はできましたので、悔いはないです。最後まで一緒に戦ってくれたポケモン達には本当に感謝しかありません。初めて参加したPJCSでしたが、様々なアイディアを見せて貰ったり、色々な人と真剣勝負が出来たので、とても楽しかったです。今後はもっとプレイングスキルを磨き、さらなる上を目指して日々切磋琢磨していきますので、これからもよろしくお願いします。

 

最後まで見ていただき、ありがとうございました。何かありましたらコメント欄もしくはTwitterにご連絡ください。

 

Twitter:  https://twitter.com/E4poke

 

 

 

 

 

【SMシングルS1使用構築】昏睡レ○プスタン【最高最終2006】

サブロムで使用した構築です。不快感満載なタイトルで申し訳ありません。これしか思いつきませんでした。

 

↓本ロムで使用した構築はこちらになります。

※安定したコンセプトに則った記事が見たい!という方は、こちらの本ロムの構築記事の方を見ることを推奨致します。よろしくお願いします。

pokegetmon.hatenablog.com

ーパーティ解説ー

f:id:Pokegetmon:20170119221851j:image

デンジュモクのZ催眠術当たればほぼ勝てるじゃね?って思ってそれを軸にパーティを組み始めた。欠点として先制技に弱いこと、ガブリアスなどのスカーフで上から抜群技を打たれたり、襷や頑丈を盾に落とされてしまうとコンセプトが台無しになってしまうのでそれらを補完するために@5を検討していった。つまりデンジュモクはほぼ絶対選出ということになる。運に左右されやすく、波が激しいので、本ロムで使用したパーティよりかなり使いづらかった。催眠デンジュモクは今後一切使うことはないでしょう。なんで「構築記事」を書いてるはずのに批判的になるんだろう...

 

重いポケモン

f:id:raitostar:20170112223045p:plain@突撃チョッキ

裏選出をせざるを得なくなるのでコンセプトが崩壊しやすかった。

 

f:id:raitostar:20170112223143p:plain

デンジュモク以外での突破方法が皆無。

 

ミミッキュ@フェアリーZorゴーストZ

化けの皮を盾にZ技で撃沈する。

 

欠陥すぎかよ...って思われた方が多いと思われますが、これらは裏選出でどうにでもなるのであまり気にならなかった。基本選出は特にありませんでした。(最悪催眠術によって最後の最後まで勝ち筋を残すことができるのは強みだった)

 

ー使用個体個別解説ー

デンジュモク@エスパーZ

【特性】ビーストブースト

努力値】244-×-4-4-4-252

【実数値】189-×-92-194-92-148

【技構成】催眠術/10万ボルト/マジカルシャイン/蛍火

 

パーティの軸。催眠術を当てたらほとんど勝ちに持っていくことができた。繰り出したら即催眠術をうち、蛍火を積む。HPに厚く振ることによって、最速起きされても大抵の一致等倍技は耐えるので反撃ができる。使用するだけならとてもシンプルだが、裏にガブリアスがいる場合、引くタイミングを読んで技を打たなければあっさり突破されてしまうので注意。長くこのパーティを使っていれば大体引くタイミングを掴むことができる。ポケモンは知識と経験。これに限る。

 ガブリアス意識でマジカルシャインにしているがエナジーボールでも全く問題はないと思った。マンムーガブリアス、どちらを意識するかによって選択しましょう。

 

カプ・テテフ@拘りスカーフ

【特性】サイコメーカー

努力値】0-×-4-252-0-252

【実数値】145-×-95-182-136-161

【技構成】サイコキネシス/ムーンフォース/10万ボルト/シャドーボール

 

デンジュモクを先制技から守ったり、デンジュモクがきつい相手を突破してくれたりもした。ミラー意識で最速。高火力技を上からぶっ放してるだけで半壊させることも多々あった。使ってて火力インフレを象徴してるようだった。

 

メガボーマンダボーマンダ@ナイト

【特性】威嚇→スカイスキン

努力値】4-252-0-×-0-252

【実数値】171-216-150-×-126-172

【技構成】捨て身タックル/地震(身代わり)/竜の舞/羽休め

 

スカーフ持ち地面技でデンジュモクを突破された際に起点にすることができると考え採用。コンセプト通りそれらを起点にして残りを突破していった。1950からテッカグヤが数を増やしていったので、宿木を透かせる身代わりを採用した。Z技や異常状態技を透かすことにも役立った。

 

f:id:raitostar:20170112223045p:plainマンムー@気合の襷

【特性】雪隠れ

努力値】0-252-0-×-4-252

【実数値】185-182-100-×-81-145

【技構成】つらら針/地震/氷の礫/ステルスロック

 

ステロ要因。デンジュモクが無双するにあたって弊害になる襷や頑丈を潰してもらう。ミラー意識で最速にしたが、ガブリアスを礫で落とせなかったりと火力が足りない上、球持ちが増えたことによって地震+礫で落とされてしまうので意味なかった。意地っ張りが最善択。

 

アシレーヌ@オボンの実

【特性】激流

努力値】92-×-252-164-0-0

【実数値】167-×-126-183-136-80

【技構成】ムーンフォース/うたかたのアリア/アクアジェット/アンコール

 

pokegetmon.hatenablog.com

 

メガハッサムハッサム@ナイト

【特性】テクニシャン→テクニシャン

努力値】236-252-0-×-0-20

【実数値】175-222-160-×-120-98

【技構成】バレットパンチ/泥棒/剣の舞/羽休め

 

デンジュモクがつらいマンムーミミッキュを牽制する役。当時ASで使用していたがポリゴン2が辛かったのと、Sに振るメリットをあまり感じなかったのでHAに変更した。ボーマンダと同時選出ができない上あまり環境に刺さってないので、この枠はテッカグヤでいいだろう。

 

ー最終結果ー

TN Guzzlord 最高最終レート2006

f:id:Pokegetmon:20170119221947j:image

 

最後までお付き合いしていただきありがとうございました。不快に思われましたら申し訳ありませんでした。質問等はツイッターやコメントで対応いたします。

Twitterhttps://twitter.com/E4poke

【SMシングルレート】疾風迅雷ライチュウスタン【最高2089最終2012】

サンムーンレートシーズン1お疲れ様でした。

初見の方は初めまして。ふぉーすという者です。

f:id:Pokegetmon:20170117221207p:image

使用構築ブログは当初書く予定はありませんでしたが、要望があった為、今回は本ロムで使用したパーティを紹介していきます。最終日の夜中に1850くらいから潜りはじめ、最高2100チャレまで到達しましたが、そこからレートが下落し精神的にも肉体的にも力尽きました。自分の弱さが際立ち悔しいシーズンとなりました。

 

ーパーティ解説ー

f:id:Pokegetmon:20170117221152j:image

サブロムの方が先にレート2000に到達してしまい、ハンネでもある本ロムの存在意義を確証する為に意地でも最低2000は載せたいと奮起しパーティを何度も練り直した。第七世代の目標のひとつである「ライチュウをレート2000に連れていきたい」と前々から言ってきたがなかなか使いこなすことができずに悪戦苦闘した。サブロムでも使用したマンマン軸を参考にライチュウを組み合わせ、それに合う@3を実践しながら適任ポケモンを埋めていった。

このパーティ自体の勝率は比較的安定しており、1850くらいから無敗で2000チャレンジまで行ったりと使いやすく自分の中では完成されたパーティだった。ただ自身のプレイングの悪さや印パルシェンに何度も痛い目を見たりと2000以上からはなかなかレートが上げられかった。

 

ー基本選出ー

基本的にボーマンダの刺さり具合を見て選出をした。

ライチュウ(アローラのすがた)+メガボーマンダorf:id:raitostar:20170112223143p:plain+f:id:raitostar:20170112223045p:plain

f:id:raitostar:20170112223143p:plain+f:id:raitostar:20170112223045p:plain+ポリゴン2orミミッキュ

メガボーマンダorミミッキュ+f:id:raitostar:20170112223045p:plain+f:id:raitostar:20170112223143p:plain

マンムーはほぼ全試合選出した。

 

重いポケモン

ギルガルド@ゴーストZ

受からない。ただギルガルド自体選出されることがほぼなかったのであまり気にならなかった。

パルシェン@王者の印

何度も2100チャレを怯みで阻んできた。控えめにいって〇ね。

@拘りメガネ

初手でマンムーと対面してしまったら後続が受からないので半壊する。

@エスパーZ

テッカグヤ対面催眠安定。当たったらほぼ負け。昏睡レ○プはやめてください!オナシャス!何でもしますから!(何でもすると言ってない)

 

 

ー使用個体個別解説ー

ライチュウ(アローラのすがた)ライチュウ@気合の襷

【特性】サーフテール

努力値】0-×-0-252-4-252

【実数値】135-×-70-147-106-178

【技構成】10万ボルト/サイコキネシス/ボルトチェンジ/悪巧み

 

相棒枠。発売前からずーっと使いたいと考えており、ライチュウを軸としたパーティを組み始めた。当初はコケコライチュウスタンでアロライZを持たせて運用してましたが、大抵の一致技で落ちてしまうのと絶妙に火力が足りないという理由で行動保障がある気合の襷に落ち着いた。全てのフィールドに恩恵を受ける点も強力であり、初手コケコ対面を作ったときに一体で勝ち確定まで持っていったり、テテフのフィールドを逆利用したりできた。悪巧みの枠は当初アンコールだったが使う機会が全くなかった上、ポリゴン2など耐久型を強引に突破できた点もあって悪巧みにして正解だった。

このパーティでの役割はカプ・コケコの選出抑制、万一の事故で受けが突破されたときの舞ったメガギャラドスを止めたり、エースである後述するメガボーマンダに強いテッカグヤカプ・レヒレなどに負担をかける役。

 

 

ミミッキュミミッキュ@フェアリーZ

【特性】化けの皮

努力値】4-252-0-×-0-252

【実数値】131-156-100-×-106-148

【技構成】じゃれつく/シャドークロー/影うち/剣の舞

 

対面最強ポケモン。テンプレ積みエース1。持ち物は最後までゴーストZか悩んでいたが、フェアリーZだったおかげで勝てた試合のほうが多かった。対面なら物理受けポリゴン2にも勝てちゃう。強い。

 

 

メガボーマンダボーマンダ@ナイト

【特性】威嚇→スカイスキン

努力値】164-24-0-×-252-68

【実数値】191-168-150-×-156-149

【技構成】捨て身タックル/地震/竜の舞/羽休め

H 16n-1 8n-1 4n-1

A  余り

D ぶっぱ

S 準速ミミッキュ抜き

 

メガ枠エース2。意地っ張りで使っていたが、2000からボーマンダの刺さりが悪くあまり選出しない上、耐久に振ってないせいで負けた試合をきっかけに慎重に変更。毒毒トリルのないポリゴン2やカプ・レヒレ、サイキネで拘ったスカーフテテフ、カプ・コケコなどを起点にすることができたので慎重が一番いいと思った。ほとんどAに振っていなくても最低限の火力は出せていたので気にならなかった。

 

 

f:id:raitostar:20170112223045p:plainマンムー@命の球

【特性】雪隠れ

努力値】0-252-0-×-252-4

【実数値】185-200-100-×-112-101

【技構成】つらら針/地震/氷の礫/毒毒

 

選出率1位のMVP。基本どのパーティにも刺さってるので選出したら確実に仕事してくれた。初手基本有利対面。A200+命の球で火力を底上げし、後出しされても確実に負担を与えられた。現環境はマンムーにかなり特殊技が飛んでくる印象だったのでDを厚くした。ステルスロックは打つ暇がなかったので交代際に耐久ポケに打てる毒毒を採用した。読まれにくく確実に毒をいれることができた。Sにほとんど振っない恩恵としてパルシェンの下から地震を入れることができ、ほとんどのパルシェン地震+礫で落とせた。

 

 

f:id:raitostar:20170112223143p:plainテッカグヤゴツゴツメット

【特性】ビーストブースト

努力値】252-×-252-0-0-4

【実数値】204-×-170-127-121-82

【技構成】ラスターカノン/火炎放射/めざめるパワー氷/宿木の種

 

選出率2位。現環境に炎技が少なく、ライチュウでカプ・コケコを威圧していることもあって出されなかったので必然的にコイツが刺さる。現環境の物理をほぼ全て受けきることができる。ミラーでの勝率も高かった。技は地震や毒毒や守るが欲しかったりと最後まで迷走したがこれがベターだった。マンムーやポリゴン2と相性がよいのも◎。

 

 

ポリゴン2ポリゴン2@進化の輝石

【特性】ダウンロード

努力値】244-×-4-252-4-4

【実数値】191-×-122-172-116-81

【技構成】トライアタック/冷凍ビーム/めざめるパワー炎/放電

 

技範囲が広く、タフでとても強かった。シャドーボールを切ってめざめるパワー炎を入れることで対策できていないパーティを半壊させることも度々あった。耐久型が主流のこともあって毒毒をかなり入れられたが、その隙から崩しアドバンテージを取っていった。基本どのポケモンにもタイマンで勝てるのも強み。急遽採用した個体なので王冠未使用。

 

ー最終結果、戦績ー

 

TNふぉーす 

最高レート2089 最終レート2012

f:id:Pokegetmon:20170117180906j:image

TN Guzzlord

最高最終レート2006

f:id:Pokegetmon:20170117180914j:image

 

 

以上となります。ここまで読んでいただきありがとうございました。構築記事は初めてなので見にくいと思われましたらすみません。質問等はコメントやツイッターで対応いたします。

Twitterhttps://twitter.com/E4poke

 

 

 

 

 

 

 

【単体考察】BCベースアシレーヌ

レート2000達成したパーティ中で際立っていた、後出しのスペシャリストことBCアシレーヌの単体考察をしていきます。現環境にいい感じに適応していてかなり使いやすかった印象でした。単体考察のみを見たい方は使用経緯を飛ばしていただいて結構です。

 

まず使用しようと思った経緯について。

レート1850~1900を彷徨っていたときに、パルシェンがとても辛かったのと、舞ったメガギャラドスや相手のパーティにメガボーマンダが刺さってなかったときに出てくるメガルカリオを止められるポケモンがパーティにおらずそれが原因でレートが伸び悩んでいたときに、S1で使用できるポケモン一覧を見て一番目を付けたのは高耐久水フェアリー。パルシェンを見たいので、物理型が主流のマリルリを候補から外して残った「カプ・レヒレ」と「アシレーヌ」に候補を絞った。大事なのは両方の特徴を理解しつつ差別化できる点をあげること。カプ・レヒレは前述したパーティと相性が悪く、火力がない面もあってメガルカリオを止めることができないと判断したので入れることができなかった。Bが柔らかいアシレーヌだが、高いHPと後出ししやすい優秀なタイプ、高水準のCがあって可能性を感じた。ここからBCアシレーヌ論が浮上した。Bに振ることによって本来役割対象ではないポケモンを見ることができるようになった。

 
ー考察ー
アシレーヌ@オボンの実
控えめ H92 B252 C164
実数値:167-×-126-183-136-80
 
後出し性能を高めるためと、対パルシェンを強く意識するので持ち物オボンの実は確定。Bを特化し、最低限の火力を保ちつつ、余りをHPに回すことで対物理相手でも容易に後出しすることができ、Cを振ることで負担をかけることができる。立ち回りするときにおいては不用意なところでHPを削らないことが大切である。あくまでも役割対象である相手を重視する。
メインウェポンである水技は熱湯と選択、ムーンフォースカプ・レヒレとの明確な差別化点である先制技のアクアジェットは確定、アンコールは滅びの歌と選択。
 
 
・被ダメージ
ダメージ: 82〜97
割合: 49.1%〜58%
回数: 乱数2発 (96.9%)
(オボン込み2耐え)
 
A207メガギャラドス +1地震
ダメージ: 93〜110
割合: 55.6%〜65.8%
回数: 確定2発
(オボン込み2耐え)
 
A161パルシェン +2ロックブラスト
ダメージ: 25〜30
割合: 14.9%〜17.9%
瀕死率: 1ターン 0%
 
ダメージ: 141〜167
割合: 84.4%〜100%(最高乱数以外耐え)
 
ダメージ: 60〜72
割合: 35.9%〜43.1%
回数:オボン込み乱数3発(2.26%)
 
A197メガメタグロス コメットパンチ
ダメージ: 103〜123
割合: 61.6%〜73.6%
(オボン込み乱数2発(81.35%))
 
 
・与ダメージ
 
無振りメガギャラドス
ダメージ: 132〜156
割合: 77.1%〜91.2%
回数: 確定2発
(+アクアジェットで高乱落ち)
 
無振りD-1メガルカリオ
ダメージ: 163〜193
割合: 112.4%〜133.1%
回数: 確定1発
 
ダメージ: 186〜222
割合: 101%〜120.6%
回数: 確定1発
 
(無振り)パルシェン
ダメージ: 151〜178
割合: 120.8%〜142.4%
回数: 確定1発
 
 
 
HP252振りウインディ
ダメージ: 186〜222
割合: 94.4%〜112.6%
回数: 乱数1発 (68.8%)
(+アクアジェットで確定落ち)
 
ダメージ: 72〜85
割合: 46.4%〜54.8%
回数: 乱数2発 (61.3%)
(2発+アクアジェットで確定落ち)
 
HP252振りメガカッサム
ダメージ: 78〜93
割合: 44%〜52.5%
回数: 乱数2発 (18%)
 
 
カプ・レヒレと差別化できる点は圧倒的火力と先制技持ってることとアンコール(滅びの歌)が打てる点だと考えています。パーティとの相性もあるので、このどちらか入れたいと考えたならばパーティと相談しながら入れるかを検討することが一番いいと思います。アシレーヌを使う際の1つの選択肢としてこの単体考察を書かせていただきました。ここまで読んでいただきありがとうございました。質問等がありましたらコメントかツイッターで対応致します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

ORAS環境シングルレート 使用感を交えてライチュウ考察

今回はORASシングルレートで使用してきた色々なライチュウの型についての使用感を踏まえて育成論を紹介していきます。

f:id:Pokegetmon:20161016233811j:image

 

 

ライチュウ

種族値:60-90-55-90-80-110

タイプ:電気

特性:静電気・避雷針

重さ: 30.0kg(けたぐり草結び威力60)

 

 

ー型紹介ー

f:id:Pokegetmon:20160917013801g:image

・襷我武者羅型

【性格】臆病

【特性】避雷針

【持ち物】気合いの襷

努力値】C252 S252 D4

【実数値】135-×-75-142-101-178

【技構成】我武者羅/10万ボルト/めざめるパワー氷/選択

 選択枠:アンコール(推奨)、気合い玉、草結び、フェイント、ボルトチェンジ

 

シーズン17レートで使用した個体。

自分的に一番しっくりときた型。

襷を盾に打ち合いを制し、時には交換読みで我武者羅を打ったりと大活躍してくれた。選択枠にアンコールを入れる事でガルーラなどの不意打ちの択ゲーを避けたり起点回避をすることができた。もともと耐久が低いのを利点に襷でHP1耐え我武者羅を打って後続の起点にできたりする。うまくいけば実質1:2交換ができる。

 

この個体は「戦え!ピカチュウ大会中!」の参加賞で配布された個体のため、最速めざ氷の厳選にかなり手間がかかりました...

 

この型がシングルレートにおいて一番安定していて一番使いやすいと感じました。

 

 

・積みアタッカー型

【性格】臆病
【特性】避雷針
【持ち物】気合いの襷or風船
努力値】C252 S252 D4
【実数値】135-×-75-142-101-178
【技構成】悪巧み/10万ボルト/めざめるパワー氷/選択

 選択枠:気合い玉、アンコール、草結び

 

シングルシーズン16後半で使用した個体。

選出したときに輝きやすく腐りやすい型。

選出時において刺さっていれば大活躍し、選出ミスすれば足を引っ張るようなムラのあるように使ってて感じました。

ボルトロススイクン、サンダー、クレセリアなどを起点にしてから3縦を狙うのが役割。

 

選出枠に気合い玉を入れることでナットレイポリゴン2などで止まらなくなるが命中不安。

アンコールの場合、電気技読みで繰り出し、アンコールで縛ることができればC2↑+1ターンのアドバンテージを得ることができる。また、補助技を縛って自ら起点を作ることができる。

どちらも一長一短であると感じた。

 

 

・メガネ型

【性格】臆病
【特性】避雷針
【持ち物】こだわりメガネ
努力値】C252 S252 D4
【実数値】135-×-75-142-101-178
【技構成】電気技/めざめるパワー氷/選択/選択

電気技枠:10万ボルト、雷、ボルトチェンジ

 選択枠:気合い玉、草結び、ボルトチェンジ

 

シングルシーズン16前半で使用した個体。

メガネを持たせることでめざめるパワー氷で無振りガブリアスをようやく確定1発にすることができるが、技を打ち分ける事が出来なくなるのが個人的に非常に痛いと感じた。おまけに耐久面に難があり、どの技を打たれてもほぼ一撃で落ちてしまうという欠点もある。

 

だが削り性能やサイクルを回す点ではかなり優秀であると感じた。相手に予想外のダメージを与えサイクルを崩していくという試合展開が多くサイクル戦には強いかも。

 

相手のパーティに電気無効のポケモンがいるときには交換読みで技を打てなければ後続に負担がかかり逆にサイクルで負けてしまうという不安定さもあるので電気無効がいたらほぼ選出しないようにしていた。

 

電気技枠と選択枠両方にボルトチェンジが入っている理由は10万ボルト+ボルトチェンジといった組み合わせも十分ありだから。

 

 

・突撃チョッキ型

【性格】控え目
【特性】避雷針
【持ち物】突撃チョッキ
努力値】H188 B4 C222 D52 S44
【実数値】159-×-76-151-107-136
【技構成】電気技/ほっぺすりすり/選択/選択

電気技枠:10万ボルト、雷、ボルトチェンジ

 選択枠:めざめるパワー氷、気合い玉、草結び、我武者羅

 

本来の役割を捨ててボルトロスやゲンガーといった対特殊に特化した型。

Sは一般的なボルトロス抜き調整。

このライチュウより早い相手にほっぺすりすりを入れ上をとって打ち合いを制す役割。チョッキを持たせることでほぼ全ての特殊技を耐え、麻痺を入れることができる。

 

参考程度にダメージ計算載せておきます

*C特化メガネニンフィアハイパーボイス

ダメージ109~130(68.5%~81.7%)確定2発

*C特化キングドラ雨メガネハイドロポンプ

ダメージ141~166(88.6%~104.4%)乱1(31.3%)

*臆病メガリザードンY晴れオーバーヒート

ダメージ145~172(91.1%~108.1%)乱1(50%)

 

想定外の耐久で相手もビックリ間違いなし!

 

 

・物理変態型

【性格】陽気
【特性】避雷針or静電気
【持ち物】命の珠or達人の帯
努力値】A252 S252 D4
【実数値】135-142-75-×-101-178
【技構成】ボルテッカー/猫騙し/堪える/起死回生

 

とっさに考えた型。

意表をつけるが絶対に弱い。

持ち物補正なし堪える起死回生(威力200)でメガガルーラを確定で落とす事ができない。

物理ライチュウは使った事がないが技範囲の狭さや火力不足感を拒めない。

 

 

・両刀型

【性格】せっかちor無邪気
【特性】避雷針
【持ち物】命の珠or気合いの襷
努力値】C252 S252 残り任意
【実数値】135-110-×-142-×-178
【技構成】10万ボルト/めざめるパワー氷/猫騙し/選択

 選択枠:アンコール、ボルトチェンジ、気合い玉、草結び、ボルテッカー、悪巧み

 

耐久面は考慮しない。

猫騙し+めざめるパワー氷でガブリアスを高乱数1発で落とす事ができる。

物理型よりはマシ()だがこちらも使用感はよくなかった。耐久がほぼないといっても過言ではない程紙耐久の為、速攻で落とせなければ使い物にならない。

Bに下降補正をかけるとファイアローの鉢巻ブレイブバードを耐えなくなる。

 

 

ー後語りー

ORASのシーズンが終わり、サンムーンがもうすぐ発売されますね。サンムーンではリージョンライチュウが登場します。リージョンライチュウを使った構築も考察していきたいです。カプ・コケコ+リージョンライチュウもいいなとサンムーン発売前から色々考えたりしています。

 

もちろんサンムーンでもこのライチュウを愛し使い続けたいと考えています。サンムーンがどのような環境になるかはまだ分かりませんがその環境に適応し活躍できるような型を考え、ORASで達成することができなかったライチュウ入りレート2000の目標に向かって頑張っていけたらいいなと思います。

 

f:id:Pokegetmon:20161016233858j:image

質問等ありましたらTwitterまで

 END.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シーズン17 スペシャルレート 採用個体まとめ

※ネタ記事です

 

前語りをダラダラ書いても仕方ないのでさっさと紹介していきますね

 

 

シーズン開始初期

 

メタモン単騎

 メタモンメタモン@スカーフor食べ残し 勇敢 努力値:HP252

実数値155/*/*/*/*/* めざ岩個体

 

メタモンにスカーフやら持たせとけば余裕だろwwwwって考えてた自分が甘かった。

現実は耐久やら高火力ポケモンにはめ殺されて無事レートはお亡くなりになった。

 

 

シーズン初期~中盤

ブーピッグ単騎

ブーピッグ@カゴ 穏やか 努力値HD252B4

実数値187/*/86/110/178/100

サイコショック/パワージェム/瞑想/眠る

 

なかなか強かった。なお物理には勝てない模様。

 

 

レート中盤期その1

バネブー単騎

バネブー@こだわりハチマキor命の球 陽気 努力値AS252H4

実数値はお察しなので割愛

思念の頭突き/飛び跳ねる/アイアンテール

 

絶望的火力&絶望的耐久。

コイキングアンノーンに負けるという伝説を残した超低レートのレジェンド。

こいつのおかげでレートが708まで落ちる事態になった。

f:id:Pokegetmon:20170430231508j:image

こいつで勝った相手は多分いなかったと思います

 

レート中盤期その2

雑草単騎

ナゾノクサナゾノクサ@こだわりメガネ 控えめ 努力値HC252D4

実数値152/*/76/139/85/50

すいとる/メガドレイン/ギガドレイン

 

完全なネタ構成。草技半減の相手にはどうあがいても勝てない。

 

レート中盤期その3

・ナット単騎

ナットレイ@オッカの実 勇敢 努力値HA252D4

実数値181/160/151/*/137/22

ジャイロボール/パワーウィップ/タネマシンガン/はたきおとす

 

レートを底上げしようと思い採用した個体。

場合によっては圧倒的不利対面である炎タイプにも勝った戦歴がある。

こいつのおかげでレートは1450くらいまで回復した。

 

 

レート中盤その4

オニドリル単騎

 オニドリルオニドリル@スカーフorハチマキ 意地っ張り AS252H4

実数値141/156/85/*/81/152

ギガインパクト/ドリル嘴/ドリルライナー/恩返し

 

恩返しの枠は絶対鋼の翼の方がいい。

ロズレイドはカモにする予定だったがバコウ持ちやスカーフ持ちなどに返り討ちされた。

ハチマキ持ってても素の火力はお察しだったがこいつの特性がスナイパーなので急所に当たればメガガルーラもビックリ火力になる。

すぐ飽きた。

 

 

レート中盤~終期

・未進化ネズミフルパーティ 最高レート1601

 ピカチュウ♂コラッタデデンネマリル

ミネズミ@気合のハチマキ 勇敢 HA252B4

実数値は適当個体なので割愛

催眠術/じたばた/怒りの前歯

 

ワンチャン狙いの型。なお一度も選出してない。

 

ピカチュウ♂ピカチュウ@電気玉 意地っ張り AS252H4

面倒くさいので実数値は割愛

ボルテッカー/猫だまし/はたきおとす/気合いパンチ

 

こいつが上をとっていればほぼ勝てる。

なお猫ボルテッカーを耐えられた瞬間負け。上取られても負け。

 

コラッタコラッタ@こだわりハチマキ 陽気AS252H4

実数値は割愛

捨て身タックル/不意打ち/火炎車/ワイルドボルト

 

ピカチュウと同様上取ってれば大体は勝てる。

コイツの火力を舐めて悠長な行動してくるやつらを吹き飛ばすのは気持ちよかった。

肝心なところで技を外す芸人。かわいい。

 

デデンネデデンネ@オボンの実 陽気HS252B4

どくどく/リサイクル/怪電波/甘える

173/*/78/*/88/168

 

弱い。どくどくで嵌めていく型。

なおAC下げても受からないほど柔らかかった

 

バネブー

後述するのでここでは割愛

 

このパーティでの対特殊兵器。この後こいつが単騎で使われる。

 

 

マリルマリル

後述

 

対物理兵器。今後バネブーとコンビを組む。

 

 

レート終盤

バネブー単騎(ときどきマリル入り)

 

バネブー@カゴの実 穏やか HD252B4

実数値167/*/56/90/145/80

ミラーコート/サイコキネシス/眠る/瞑想

 

バネブー単騎再来

単騎界特殊キラー。特殊相手には勝率9割くらいだった。

物理に勝つことは殆どなかった。

 

マリルマリル@進化の奇跡 呑気 HB252D4

実数値177/*/112/40/71/39

守る/滅びの歌/アクアリング

 

滅び打って数値受けしつつ守ってターンを稼ぐ型。

こいつより遅かったりトリックルームを持ってるやつがいたら事故。

タマザラシとの零度滅び合戦は印象的だった。

 

 

以上です。対戦回数は1062回です。

なかなか楽しいシーズンになりました。

今まで対戦していただいた方、ありがとうございました。

 

何かありましたらTwitterまで。