ライチュウ研究所

ライチュウを中心に構築を研究、保管

【全国ダブル】雨ブルクチライチュウ 構築案

f:id:Pokegetmon:20170820220358p:image

ウルトラサン・ウルトラムーンは発売日に買う気は一切無いので出遅れる事になってしまいます。まあ、来年の3月までポケモンのモチベーションを保ってられるか割と怪しいですけど。前回の記事で書いた通り、引退する可能性は割とあるかもしれませんね。はい

 

ぶっちゃけウルトラサンムーン考察する時間が取れないからあんまり環境変えないで欲しい

 

 

そんな話はどうでもよくて、今回はまたShowDownで割と勝率がよく、高レート帯に居座れたそこそこ強かった構築を紹介していきます。改良すればまだまだ上に行けると言いたいところですが、今回はほぼテンプレパーティなのであまり使いたくはない。

個性の無いパーティは何も面白くない

 

 

ー目次ー

 

 

 

採用経緯

まずメガクチートが使いたくなった。クチートスタンは雨ブルルくらいしか知らなかったから取り敢えず組み込んでみた。

結局よくいる雨ブルルクチートライチュウ入れただけになった。たまには避雷針ライチュウも使いたいんだよ。

まあ、それなりに強かったからいいか

 

 

 

使用個体個別解説

ライチュウ@気合いの襷

【特性】避雷針
【性格】臆病
努力値】0-0-0-252-4-252
【実数値】135-99-75-142-101-178
【技構成】10万ボルト/我武者羅/猫騙し/アンコール

 

いつもの襷ライチュウ。襷の汎用性は高い。

猫アンコで隣のサポートをしているのはアロライも避雷針ライチュウもやっている事は同じである。単に速いか電気吸えるかの違いにしか思えなくなってきた...

自称ライチュニスト一生の不覚

 

意外と我武者羅という技が強かった。元々HPが低いこともあってHP満タンでもそこそこ削れる。襷発動後に我武者羅打てたらラッキー程度に思っている

ただ我武者羅ライチュウ自体もう入手できない。第6世代の参加者5000人しかいなかったインターネット大会の参加賞で配布されたので持ってる人自体あまりいないと思う

ライチュニストの俺氏、なんと我武者羅覚えたアロライを持っている。サブロムに予備として温存していたピカチュウをアロライにした。多分自分以外持ってる人いないだろガハハというどうでもいい自慢話

 

 

クチート@クチートナイト

【特性】威嚇→力持ち
【性格】勇敢
努力値】252-252-0-×-4-0
【実数値】157-172-145-×-116-49
【技構成】アイアンヘッド/不意打ち/岩雪崩/守る

 

火力お化け。威嚇入れられても半分以上削るキチガイ火力がクセになる。

じゃれつくを採用してないクチートに疑問を持つかもしれませんが、じゃれつくは外れるゴミ技なので採用しません。ん?岩雪崩?そりゃーリスクを負わなきゃリターンが無いわけで...

まあトリル下で打つ岩雪崩は強すぎるから外すリスク背負ってでも採用する価値はあるということ。あと範囲技ということもあって汎用性が高い

じゃれつく欲しいと思った場面はそれほど多く無かったので技構成はこれで完成されてると思います

ただ難点としては耐久が高いわけでも無いので消耗が早い。特にメガ前は受け出しができないのでなるべく後出しはしない。トリル選出時以外はお荷物になるのであまり出さない

後述するカプ・ブルル+雨選出で実質的な弱点が無くなるらしい。使用率自体そんな高くないけどメガクチ普通に強いよ

 

 

クレセリア@イアの実

【特性】浮遊
【性格】冷静
努力値】252-×-4-252-0-0
【実数値】227-×-141-139-150-81
【技構成】サイコキネシス/冷凍ビーム/トリックルーム/毒毒

 

いつものトリックルーム展開要員。

瞑想クレセリアに使い慣れているせいか、Cに厚く振っているので瞬間火力に過剰な期待がかかっている。やっぱり無いものは無い。

毒毒は割とピンポイントなので守るでもよき

こいつに関しては普通すぎてこれといって語ることがない

 

 

カプ・ブルル@突撃チョッキ

【特性】グラスメイカー
【性格】意地っ張り
努力値】236-252-4-×-4-12
【実数値】175-200-136-×-116-81
【技構成】ウッドハンマー/ウッドホーン/馬鹿力/岩雪崩

 

火力お化けその2。一度カプ・ブルルが使ってみたかったこともあって採用。

クチート地震から守ったり、後述するルンパッパの草技の威力あげたりとサポートもできる。雨クチートとのシナジーの良さが素晴らしい

素の耐久+チョッキと雨、フィールドのお陰でなかなか消耗しないので積極的にウッドハンマーを打っていきましょう。威嚇入っても大抵は半分以上削れるお化け

カプ全員に強いのもこいつの強みであった。なぜあまり使われてないのかが全く分からないほど強かったので、これを見てる皆様は使わないでください(震え声)

 

フェアリータイプが2体もいるのに誰もフェアリー技打てないのはもはやギャグである

 

 

ニョロトノ@オボンの実

【特性】雨降し
【性格】図太い
努力値】252-×-252-0-0-4
【実数値】197-×-127-121-120-91
【技構成】熱湯/滅びの歌/雨乞い/守る

 

雨要員。滅びが使えるニョロトノを採用

アンコールはライチュウが持ってるので切った。リザードンがそこそこ重かったので代わりに雨乞いを採用したがあまり打つ機会はなかったのでアンコールでもよき

一応雨要員だがピン選出することは多い

 

 

 ルンパッパ@水Z

【特性】すいすい
【性格】控えめ
努力値】0-×-4-252-0-252
【実数値】155-×-91-156-120-122
【技構成】ハイドロポンプ/ギガドレイン/冷凍ビーム/猫騙

 

雨エースZ枠なのに紹介が最後になるアレ

雨下ハイドロポンプZの火力が異常。Z消費後はあまり火力がないので押し切れずに終わってしまうので選出率は低め。グラスフィールド化でもギガドレインは火力が出ないのでエナジーボールでもいいかもしれない。

そこらのテンプレと大差ない

 

 

 

結論

前回書いた記事のパーティよりは強かった

改良の余地はまだまだあるのでこのパーティを上手く改良できたらかなり強くなるんじゃないかなと感じた。

モロバレルさえなんとかなればなあ

まあ、雨クチブルルに飽きたのでここに残しておきます。

 

 

反省

ー今回の反省点ー

・このパーティが使える技の範囲があまり広くないので構築単位で無理なポケモンが何体か出来てしまった(ゴリ押しでなんとかなるっちゃなんとかなる)

・晴れパがキツイので立ち回りに苦労

モロバレルに隙を見せることが多かった

・守る持ちが少ないので安易な行動ができない

・パーティの個性が薄すぎる

ライチュウの選出率が低い

 

ー良かった点ー

メガクチートの可能性を見出せた

・ブルルの使用感を味わえた

トリックルーム軸の扱いやすさ、それの対策等を学ぶことができた

 ・我武者羅ライチュウつええよ

 

 

後語り

レートの方は全くできていない。やる気がない

最近だとテテグロスやエルテラ、ChalkFiniといった構築を使ってみたけど、使いづらすぎて自分には無理だった。自分にはコケコライチュウが馴染んでいたりするので構築とプレイヤーの相性というものもあるんですかね

そろそろコケコライチュウの新しいスタンダードを組みたいですね。ネタ切れどころか一つしか組めてない現状

なんとか夏休みを乗り越えられそうだけど物足りなさをものすごく感じている。もっと勉強やらないとなあ

 

 

ShowDownを控えることにした。

ポケモン飽きたとか、時間の無駄とかだけでなく、ただ単に「逃げているだけ」な気がしてきたから。自分は逃げるという行動が特に嫌いである。

人間という生き物は常に「逃げる」という選択肢が「耐え抜く」という行動に付き纏っている。辛い事や嫌な事から逃げたくなるのは誰だって同じだ。

だが、ここ一番の場面で「逃げる」という選択肢を取った者に未来はない。この先に待ち構えている厳しい社会の現実が立ちはだかった時にも「逃げる」という選択肢を必ず選ぶだろう。仕事が嫌だという理由をつけて退職する。逃げ続けた者の末路など知る故もない。

そもそもここ一番の場面、つまりチャンスが通り過ぎた事すら気づかない者もいるだろう。チャンスとは人間全員に平等に与えられている物である。例えば受験。人間の唯一の平等と呼ばれている受験こそが人生最大のチャンスである。ここで「耐え抜く」という行動を取った者にしか「人生に勝つチャンス」を与えられない。(もちろん受験後に怠けてたら元も子もないが)

それに気づいて初めて社会の競争に参加できる。つまり努力しろということだろう。 

 

果たしていつ努力は報われるんだろうか

「報われない努力などない」といったふざけた綺麗事があるのとは対象に「報われない努力もある」という言葉もある。まずはこのような努力が現れるのか否かの要因の違いを理解することから始めなければならない。

なぜ報われないのか。能力的問題なのか、努力量の問題か、はたまたそれ以外か。その要因を把握し、行動に移す者の中からほんの一握りが成し遂げられる快挙が努力である。残念ながら努力も才能の内なのだ。

まあ成果は人それぞれであって、自分に見合った形で満足できればそれでも十分だと思うけど

 

 

 

執筆期間:2017年8月7日