ライチュウ研究所

ライチュウを中心に構築を研究、保管

【全国ダブル】手動晴れトリルバクーダスタン 構築案

f:id:Pokegetmon:20170826130642p:image

今回はダブルに少しでも興味を持っている方には是非使って欲しいのでQRパーティを用意しました。ダブルの楽しさが詰まっているパーティだと思います

組んでたときはそんなに強そうじゃなかったけど、いざ使ってみると意外と強く、爆発力が凄まじい、何より使ってて楽しいパーティになった。あと思考停止で技が打てるのがいい

ダブルバトルの醍醐味である高火力範囲技で制圧していく爽快感はたまらんぞ。ダブルの楽しさを知るきっかけになってくれれば幸いです

 

 

今回は後語りでお知らせがありますので、特に身内の方は最後まで見ていただきたいです。

 

 

 

ー目次ー

 

 

 

パーティ個別解説

ヤレユータン@エスパーZ

【特性】精神力
【性格】生意気
努力値】252-×-4-0-252-0
【実数値】197-×-101-110-178-58
【技構成】サイコキネシス/トリックルーム/采配/日本晴れ

 

トリル始動要員+采配日本晴れでバクーダのサポートに特化した構成。

確実にトリックルームを決めるために精神力。テレパシーの方が有名な為かこいつに猫騙しを打たれる事が多かった。まあ、巻き込み技打てる奴いないから精神力一択なんだけど。

後述するルカリオと並べて確実にトリックルームを決めることができた。あとは相手のトリル読みトリルを警戒しよう。

こいつにノーマルタイプがあることって忘れやすいよね...。よくシャドーボールを打たれた辺り自分だけじゃなかったみたいですね

防御方面が薄いのでもっとBに振った方が良かった。初手でヤレユータンをワンパンできるポケモンを二体並べられたら相当苦しい。

 

 

ルカリオ@拘りスカーフ

【特性】精神力
【性格】陽気
努力値】252-4-0-×-0-248
【実数値】177-131-90-×-90-156
【技構成】命懸け/この指止まれ/インファイト/寝言

 

初手命懸けで退場してヤレユータンが確実にトリックルームを決めさせてもらう特攻隊。

命懸けで初手に出てくる両方のポケモンを落とせなさそうな時や、ヤレユータンをワンパンできるポケモンを二体並べられた時に、この指止まれを打たざるを得なくなってしまうのでディスアドが酷く苦しい。

インファイトバンギラスピンポイントだが、なるべく打ちたくない。初手で退場してくれるのが一番理想だからである。

こいつにも猫騙しを打たれることが多かったが精神力一択。

 

 

バクーダ@メガ石

【特性】ハードロック→力尽く
【性格】冷静
努力値】252-×-0-252-4-0
【実数値】177-×-120-216-126-22
【技構成】噴火/火炎放射/大地の力/守る

 

全てを制圧するトリルエース。トリル下に降臨すれば無敵と化す。

晴れ+噴火×2を受けきることができるポケモンは耐性があろうが関係なく耐えるものはいない。

もっと言えば晴れ火炎放射×2でもほぼ耐えない

晴れ前提で話をしているが晴れてなくても並耐久程度のポケモンは余裕でワンパンできるパワーを持っている。

ヤレユータンと組み合わせたら雨パだろうが半減で受けてこようが関係なく晴らしてワンパンする。トリックルーム対策を怠っているパーティはカモ。

 

カプ・レヒレメガボーマンダごときで止められると思うなよ???

 

 

 カプ・ブルル@突撃チョッキ

【特性】グラスメイカー
【性格】意地っ張り
努力値】236-252-0-×-0-20
【実数値】175-200-135-×-115-82
【技構成】ウッドハンマー/ウッドホーン/馬鹿力/岩雪崩

 

バクーダの相性補完で採用。地震からバクーダを守ったり、炎技が通りにくい相手に強い。

こいつ自身もトリルエースとなり得るので選出率はほぼ100%を占めていた。

鋼をバクーダで潰し、岩水をブルルで潰すという相性補完が素晴らしかった。ドラゴンはボーマンダしかいないのでバクーダのゴリ押しでもなんとかなる

 

 

 ミミッキュ@メンタルハーブ

【特性】化けの皮
【性格】生意気
努力値】236-0-12-×-252-0
【実数値】161-110-102-×-172-90
【技構成】トリックルーム/呪い/鬼火/影打ち

 

第2のトリックルーム要員兼害悪対策。化けの皮ある癖に素でもそこそこ固いのでトリックルームが貼れないことはほぼ無い。

カプ・ブルルを選出する理由が無い時にしか出さなかったので選出率は低め。

 

 

ライチュウ@気合いの襷

 【特性】避雷針
【性格】臆病
努力値】0-0-0-252-4-252
【実数値】135-99-75-142-101-178
【技構成】10万ボルト/我武者羅/猫騙し/アンコール

 

猫騙しアンコール我武者羅を同時に打てるのが強いという名目で採用。

肝心な相棒枠なのに記憶上だと一度も出さなかったので説明が最後になってしまった。

こいつの強さは前回の2つの記事を読んだらよーくわかると思いますので...()

この枠を改善すればかなり強くなると思った

 

 

 

基本選出

ヤレユータンルカリオ

バクーダ+@1

(※@1は99%カプ・ブルル

 

相手がどんなパーティであろうと選出を変えることは無い。(バクーダをサポートするポケモンで固めたのでこれ以外の選出が出来ない)

 

 

結論

この構築はほぼ相手依存になってしまうので、強いか弱いかは相手次第ということになる。

トリックルーム対策を施しているパーティには滅法弱く、逆に怠ってればカモになる。あと采配という技は、単体技を打った時に守られたら不発に終わるのでHPが削られた後は面白いほどじゃんけんゲーになってしまうこと。

 

ShowDownで回していたときは、トリル対策してるパーティが少なく、ほぼガルーラスタンだったので刺さりまくり瞬間24位まで到達したが、いざレートで使ってみたら割と対策されている構築が多く、それほど刺さらなかった。最高レートは1800前半までしか伸びず、その後は低迷した。

 

 

超高火力範囲技を打つのは非常に楽しい。

 

 

 

反省点

・初手でルカリオよりHPが高いもしくは気合の襷を持っている催眠技を持ったポケモンが初手に出てきたらトリックルーム要員が眠らされてトリルを貼れない自体が起こってしまう。

・初手の相手のトリル読みトリル行動を警戒するも、択に勝ったことは一度もない。(相手のトリル→こちらは日本晴れが決まれば初手で勝ちが決まるが失敗すれば苦しい展開になる)

・単にライチュウにこだわりすぎた。

 

 

 

QRパーティ・SDテキスト

QRパーティとShowDownのテキスト貼っておきます

 

QR:(貼られてなかったらこの記事自体を完全に忘れてます)

 

以下ShowDownテキスト

Oranguru @ Psychium Z
Ability: Inner Focus
EVs: 248 HP / 8 Def / 252 SpD
Sassy Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Sunny Day
- Trick Room
- Psychic
- Instruct

Lucario @ Choice Scarf
Ability: Inner Focus
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 Spe
Jolly Nature
- Final Gambit
- Follow Me
- Close Combat
- Sleep Talk

Camerupt @ Cameruptite
Ability: Solid Rock
Level: 50
EVs: 252 HP / 252 SpA / 4 SpD
Quiet Nature
IVs: 0 Atk / 0 Spe
- Eruption
- Flamethrower
- Protect
- Earth Power

Tapu Bulu @ Assault Vest
Ability: Grassy Surge
EVs: 236 HP / 252 Atk / 20 SpD
Adamant Nature
- Wood Hammer
- Horn Leech
- Rock Slide
- Superpower

Mimikyu @ Mental Herb
Ability: Disguise
EVs: 252 HP / 4 Atk / 252 SpD
Sassy Nature
IVs: 0 Spe
- Trick Room
- Will-O-Wisp
- Shadow Sneak
- Curse

Raichu @ Focus Sash
Ability: Lightning Rod
EVs: 252 SpA / 4 SpD / 252 Spe
Timid Nature
- Thunderbolt
- Fake Out
- Endeavor
- Encore

 

 

 

 

 

後語り・お知らせ

レートどころかShowDownすらやらなくなりました。娯楽を失った自分はもう勉強するしか無いみたいですね。まあ、一区切り付けるのは大事だと思ったのでスマートフォン自体のアプリを一括整理して娯楽を全て切り捨てた。端末開いてもやる事が何も無いレベルまで達した

この記事についてツイッターに投稿されてるツイットとこの記事自体は予約投稿なので自身はツイッターアカウントがどうなっているのかは知る余地がありません。

 

そういえば今気づいたけど、これが投稿されてる時期にはもうウルトラサン・ウルトラムーンが発売されてるんだっけ。まあ、その時はその環境に合わせて使ってみていただけたらと思います

 

 

 

最後になりましたがここでお知らせ

 

第7世代が終わり次第ポケモンを引退を決意。

理由はポケモンに当てる時間をもっと他に有効活用できるんじゃないかと考えたのと、リアルでの生活をもっと充実させたかった。

あとはただ単にポケモンへの熱意が無くなってしまったから。(てか、熱意無くなる言ったらこのブログのタイトルどうしてくれるんだよ...)

 

引退する形にはなってしまいましたがポケモンというコンテンツに出会えて本当に良かったと思っております。これからも末長く続いていってくれる事を心から祈ってます。

 

 

執筆期間:2017年8月17日